サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

17歳MFと18歳FWの凸凹2トップ誕生。
U-19の「最後の切り札」は本物か。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/05/04 09:00

17歳MFと18歳FWの凸凹2トップ誕生。U-19の「最後の切り札」は本物か。<Number Web> photograph by AFLO

宇佐美貴史のクラブ記録を塗り替える16歳11カ月18日でJ1デビューを果たした堂安律。早熟な才能はどんな花を咲かせるのか。

U-19の「最後の切り札」ともいえる2トップに。

 一方、堂安は試合が終わった後、開口一番「もっとボールに触りたかった」と悔しそうな表情を見せた。

「試合中、安全なパスが多かった。ギリギリのボールでもいいから縦パスを入れてくれたら自分がなんとかするって思っていたんですが……うーん、なかなか出てこんかった。出てくれば自分のイメージで小川くんとのワンツーとか崩せると思うし、ボールを持てば仕掛けられるんでね。自分の持味を活かすためにもボールが来ないと」

 中盤の選手は、いい形で堂安にボールを預けたい気持ちが強いのだろうが、まだFW堂安をどう活かすのかを考えている感じだ。堂安は「やれる自信」があるがゆえにもっと使ってほしいという気持ちだが、その修正は今後の課題になる。

 小川とのコンビは何か手応えを感じられたのだろうか。

「小川くんとのコンビは悪くないけど、まだプレースタイルを完全に分かりあえていないというか、たとえば自分がボールを持った時、小川くんが裏に動いたけど、自分は足元にパスを出すことが多かった。でも小川くんが下に少し落ちてきた時、自分がそこに斜めに流れてタメを作ってこっちのリズムを作ったりすることができたり、いい面もあった。監督には『小川を孤立させず、ポストプレーをした時サポートして崩せるように』と言われましたけど、崩しの部分とかゴール前の精度とか課題はわかったんで、これからもっと細かいところをつめていけば迫力ある2トップになれると思います」

 5月には韓国遠征が待っている。国際試合の中で、今日得た課題をどれだけ修正して、2人の息を合わせていけるか。U-19日本代表にとっては、「最後の切り札」とも言える2人の2トップの出来が今後、チームの完成度を左右することになる。

関連記事

BACK 1 2 3
堂安律
小川航基

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ