“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

断じて「悲劇のヒーロー」ではない!
桐光・小川航基、“本気”の才能とは? 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2016/01/06 11:00

断じて「悲劇のヒーロー」ではない!桐光・小川航基、“本気”の才能とは?<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

試合後、堪えられぬ涙を拭った小川(左から2人目)。この経験は必ずや大きな糧となって、この先の人生で彼を支えるはずだ。

小川は“悲劇のヒーロー”の枠には収まらない!

 “悲劇のヒーロー”。

 青森山田戦の残酷すぎる結末により、彼にはこういう形容詞がついた。しかし、その言葉はあまりにも安っぽいものだと感じる。小川はそんな軽い言葉では形容できないくらい本気で、そしてまっすぐにここまで歩んできたからだ。

 彼にはまだまだ本気になれる場所が沢山残っている。まずは磐田でストライカーとしての地位を確立し、その先のA代表へ、世界へ――。

「大久保嘉人選手は3年連続得点王になった。僕もやるからには得点王を意識してやりたい。もちろん簡単ではないのは分かっていますが、自信はあります」

 まっすぐに前を向いて眼光をさらに強める彼に、試合後の取材の最後に、こうぶつけてみた。

「これから、重要な場面でPKのチャンスが回ってきたらどうする?」

 彼はこう言い切った。

「PK? 僕はビビっていませんよ。観客の人とかは『ビビっていた』と思っているかもしれないですが、僕の中であのPKは、まだ自分に対する『信念』が足りなかったというだけ。その信念をこれから磨いていくつもりですよ」

 本気になる――。

 彼にはその「天賦の才」がある。だからこそ、彼は強くなり、大きくなる。これまでも、そしてこれからも。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

小川航基
青森山田高校
桐光学園高校

高校サッカーの前後のコラム

ページトップ