“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

断じて「悲劇のヒーロー」ではない!
桐光・小川航基、“本気”の才能とは? 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2016/01/06 11:00

断じて「悲劇のヒーロー」ではない!桐光・小川航基、“本気”の才能とは?<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

試合後、堪えられぬ涙を拭った小川(左から2人目)。この経験は必ずや大きな糧となって、この先の人生で彼を支えるはずだ。

まったくの想定外だったロングスロー。

 その後も彼はゴールを目指し続けた。

 このまま2-0で終っても、小川がこの試合の主役であることは間違いなかった。

 しかし、後半アディショナルタイム4分が示された直後、優勝候補・青森山田の気迫が厳しい現実を彼に突きつけることとなった。

 80+2分に右CKからFW成田拳斗がヘッドで押し込むと、80+4分、時計の針は目安の4分59秒にさしかかろうとしていた、まさにラストプレーだった。左サイドからDF原山海里の脅威のロングスローが飛ぶ。この時、ニアサイドに入った小川はこう思った。

「嘘だろ!?」

 これまで原山は、ニアにライナーのボールを飛ばしていた。小川を始め、桐光学園の選手達は、当然のようにボールはニアに飛んでくると思い込んでいた。

「あそこまで飛ぶとは思っていなかった。頭上のボールをただ見送ることしかできなかった」

 スローモーションのように飛んでいくボール。小川の頭上をそのまま越えていくと、ファーサイドで待っていた青森山田MF吉田開の頭に吸い込まれていく。後悔した瞬間には、ボールはもうゴールの中だった。

 2-2。

“悲劇のヒーロー”を作り出そうとする雰囲気が……。

 試合再開直後、タイムアップのホイッスルが鳴り響いた。

 大きなどよめきを残したまま、始まったPK戦。4人全員成功で迎えた先攻・桐光学園の5人目。センターライン付近で肩を組んで並んでいた水色の列から、まっすぐにペナルティースポットに向かっていったのは、小川だった。

 静寂の中、ボールを置く。だが、静寂の空気の中に異様な気配も漂っていた。それは即席の“悲劇のヒーロー”を作り出そうとする作用とも言うべきか――。その作用に、小川は呑まれていった。

 彼が蹴ったボールは、軽やかに右にとんだGK廣末の手を弾き、ゴールの外にこぼれていった。この瞬間、小川の高校サッカーは幕を閉じた。

【次ページ】 “本気になれる”才能を持った稀有な存在。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

小川航基
青森山田高校
桐光学園高校

高校サッカーの前後のコラム

ページトップ