詳説日本野球研究BACK NUMBER

セ・リーグ監督が全員40代に若返り!
高橋、金本、ラミが期待できる根拠。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/10/30 10:30

セ・リーグ監督が全員40代に若返り!高橋、金本、ラミが期待できる根拠。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

長嶋茂雄終身名誉監督に“ウルフ”と呼ばれた高橋由伸が、18年の現役生活に終止符を打った。

昔の名監督は、なるのもやめるのも早かった。

 ここで名監督と言われる人たちが何歳で最初の監督に就任し、何歳で監督人生に幕を下ろしたのか見ていきたい。セ・リーグの監督全員が40歳代だと騒ぐのがばからしくなるくらい昔の名監督は監督になるのが早く、辞めるのも早かった。

・川上哲治……巨人の監督として前人未到の日本シリーズ9連覇を達成。
 41歳で巨人監督に就任し、辞任したのは54歳。生涯、巨人監督を貫く。

・三原脩……西鉄の監督として'56~'58年に日本シリーズ3連覇。
 36歳で1リーグ時代の巨人監督に就任、ヤクルト監督を辞任したのは62歳。

・水原茂……巨人の監督として第2期黄金時代を築く。
 41歳で巨人監督に就任し、中日監督を辞任したのは62歳。

・鶴岡一人……南海監督として23年間でリーグ優勝11回。
 30歳で南海監督に就任し、辞任したのは52歳。生涯、南海監督を貫く。

・西本幸雄……就任した3球団で優勝。
 40歳で大毎監督に就任し、近鉄監督を辞任したのは61歳。

・広岡達朗……管理野球を実践、ヤクルト、西武を日本一に導く。
 44歳でヤクルト監督に就任し、西武監督を辞任したのは53歳。

・森祇晶……西武の監督として日本シリーズ3連覇を2回。
 49歳で西武監督に就任し、横浜監督を辞任したのは65歳。

 近年実績を残した人たちの最初の監督就任年齢も、もう一度紹介したい。

 星野仙一40歳、原辰徳44歳、岡田彰布、秋山幸二47歳、落合博満51歳、工藤公康52歳……ちなみに、長嶋茂雄は39歳、王貞治は44歳である。新監督も歴史的な名監督も、ほとんどの人が“名選手”と言われるような選手時代を過ごし、その人気を買われて若くして監督に就任している。

「名選手、名監督にあらず」と昔から言われるが、日本のプロ野球界は「名選手しか名監督になれない」と言い換えたほうがいい。そして元名選手だった監督は、プレッシャーを力に変えるタイプが多かった。そういう意味ではラミレス、高橋由伸、金本知憲の新監督には期待してもよさそうだ。

関連記事

BACK 1 2 3
高橋由伸
金本知憲
真中満
緒方孝市
谷繁元信
読売ジャイアンツ
東京ヤクルトスワローズ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
中日ドラゴンズ
アレックス・ラミレス

プロ野球の前後の記事

ページトップ