Jをめぐる冒険BACK NUMBER

生まれ変わったFC東京の“正念場”。
「万年中位」か、真の強豪となるか。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2015/09/18 10:40

生まれ変わったFC東京の“正念場”。「万年中位」か、真の強豪となるか。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

昨年からスタメンに定着したトップ下の河野広貴は、守備にも開眼して新境地を開いている。

歴代最高成績は4位。今年は……?

 森重真人、丸山祐市と、レギュラーCBをふたりとも日本代表に送り出したナビスコカップ準々決勝で、鹿島アントラーズに敗れた。以前のFC東京なら、ここでガタガタと崩れてしまっていたかもしれない。

 だが直後の神戸戦では、劣勢を強いられながら苦しい時間帯を耐え抜くと、前田遼一のハットトリックで難敵をねじ伏せた。チームが変わりつつあるのは、間違いない。

 もし、年間順位をひとつ落として4位でシーズンを終えたとしても、'03年と並ぶ歴代最高成績となり、決して悪い成績ではない。だが、それでは何も変わらなかったことになる。

 だからこそ、FC東京は今、迎えている。「万年中位」から卒業できるか、真の強豪クラブになれるかどうかの正念場を――。

<緊急アンケート> Jリーグ史上最高の外国人選手は誰だ? ~雑誌「Number」連動企画~

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

FC東京
ランコ・ポポビッチ
マッシモ・フィッカデンティ
河野広貴
羽生直剛

Jリーグの前後のコラム

ページトップ