スポーツ仕事人BACK NUMBER

池田博一(クラブ広報誌の制作)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~ 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byphotographs by Shinya Kizaki

posted2015/09/23 08:00

池田博一(クラブ広報誌の制作)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~<Number Web> photograph by photographs by Shinya Kizaki

池田博一さん。

 各Jリーグクラブの情報発信のカタチも今や多様化が進んでいる。その担い手が語る、仕事の心得とは?

 現代はメディアのあり方が変化し、サッカークラブにとって自前の情報発信は欠かせないサービスのひとつになった。自分たちの手で記事を作り、より身近に感じてもらう。もはや新聞やTVだけに頼っていては、他の娯楽の中に埋もれてしまう。

 そういう情報発信がJリーグで最も進んでいるのは鹿島アントラーズだ。「紙媒体」、「デジタル」、「映像制作」、「フォト」の4部門からなるメディアチームを抱えている。

 池田博一は鹿島の月刊ファンクラブ広報誌『フリークス』の記者・編集者として、伝統を伝える重みを日々感じている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1333文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

Jリーグの前後のコラム

ページトップ