モーターサイクル・レース・ダイアリーズBACK NUMBER

全速力の予選と、燃費込みの決勝。
一発の速さに劣るロッシが勝つ理由。 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2015/09/05 10:30

全速力の予選と、燃費込みの決勝。一発の速さに劣るロッシが勝つ理由。<Number Web> photograph by Satoshi Endo

マルケス(左)の独走かと思われた今季だが、現在ポイントトップに立つのは復活したロッシ(右)。このライバル関係はしばらく続きそうだ。

全盛期の強さはない、しかしロッシは勝つ。

 構図としては、スピードに勝るマルケスとロレンソと、一発の速さでは劣るが安定したスピードでミスなく走るロッシとの戦い、となる。

 しかし、苦手とする高速サーキットのシルバーストーンでは、さすがにロッシもデータ上から厳しい戦いを予想していた。

 それが今季初の雨のレースとなりすべてがリセットされた結果、ロッシの経験と速さとヤマハYZR-M1の仕上がりの良さの前にマルケスは転倒し、ロレンソは最大の敵となる雨の中でふがいないレースをした。

 それにしても、今年のロッシの粘り強さ、しぶとさには脱帽させられる。

 全盛時代のロッシは、シーズン前半で大きな貯金を築き、後半は着実にマジックを削り、タイトルが決まってから、再び勝ち星を稼ぐというのがひとつのパターンだった。

 ライダーとしてピークを過ぎた現在は、そこまで大きなアドバンテージを築くことは出来ないが、マルケスとロレンソが表彰台に立てないレースでしっかり優勝しているところに、今年の強さを感じさせる。

次戦はロッシにとって正真正銘の“ホームGP”。

 シーズンは残り6戦。チャンピオン争いは、ロッシと12点差で追うロレンソとのチームメート同士の戦いになってきた。

 次戦サンマリノGP(イタリア・ミサノ)は、ロッシが生まれ育ったタブーリアから10kmという距離にあって正真正銘のホームGPとなる。昨年は地元ファンの声援を受けて優勝している。

 どうやら、いい風はロッシに吹いているようだ。

 今年のサンマリノGPは、とんでもない盛り上がりになることは間違いない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ヴァレンティノ・ロッシ
マルク・マルケス
ホルヘ・ロレンソ

MotoGPの前後のコラム

ページトップ