野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

横浜ファンが作ったデスマッチ団体。
FREEDOMSの夢は“聖地”ハマスタ。 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byHidenobu Murase

posted2015/09/06 10:40

横浜ファンが作ったデスマッチ団体。FREEDOMSの夢は“聖地”ハマスタ。<Number Web> photograph by Hidenobu Murase

“聖地”ハマスタでギリギリのタオルを掲げるFREEDOMSの佐々木貴。戦いも生き様も、そしてベイスターズ愛もただ事ではない。

1人の離脱者もださず6周年、興行も増加中。

 ベイスターズが、DeNAベイスターズに名前が変わり4年目のシーズンとなる2015年。どうせすぐに倒産すると目されていたFREEDOMSは、1人の離脱者も出さないまま9月2日に6周年を迎えた。所属選手は10人になり、主催の興行も客入りも増えている。

 歩みはのろくとも、見えにくいようでも、着実に進歩はしていることを実感している。

「ベイスターズもそうだと思います。首位から最下位に落ちましたけど、こうなることも想定内。そんなに甘いもんじゃないですよ。特に勝ちまくっていた前半戦ですら、実力で勝っている気があまりしませんでしたからね。ただ、連敗中はさすがにキツかったなぁ」

 あの6月の12連敗の時、ベイスターズが負けて落ち込んでいると、佐々木は妻に『あんたそれぐらいでイライラするようじゃモグリよ。ベイスターズなんて大洋時代から負けるのが当たり前。勝ったらラッキーぐらいに思わないと』と言って笑われたとか。

「ファンは優しいですよ。プロレスファンも、野球ファンもね。勝敗はもちろん大事ですよ。だけどね、それよりもお客さんは、その試合、リングにいる人間としての覚悟を見ている。見ていてわかるもんですよ。人はそこに心を動かされるんです。

 ベイスターズは今、苦しい状況かもしれないけど、選手にはそのことを忘れないで欲しい。僕らは何のために人様から『バカみたい』と笑われても、命懸けで戦うのか。世間の方々の生きる力になるために戦うんです」

 後半戦の怒涛の連敗で、もはや終戦ムードが漂う横浜。それでも佐々木はCS滑り込みからの下克上日本一をまだ諦めていない。

大丈夫か、本当に大丈夫なのか。

 そして、FREEDOMSとしての夢も決して諦めない。最終目標は聖地での興行を行うことだとか。

「いやいや。東京ドームじゃないですよ。僕らが目指す最終地点は、横浜スタジアムです」

 その球場では、かつて一度だけプロレスが開催されたことがある。1992年9月。FMWの3周年大会。そのメインは大仁田厚vs.タイガー・ジェット・シンのノーロープ有刺鉄線電流・地雷爆破デスマッチだった。なんというか、縁はある。

 その夢の手始めにダムズは9月23日に横浜ラジアントホール大会を行うのだが、このポスターがまたベイスターズそのまんまのデザイン。しかも、どさくさにまぎれて何故か古木克明氏がプレゼンターで登場。大会名『みなぎるパワー大砲だ 飛ばせ自由人』……って自由すぎやしないか。大丈夫か。本当に大丈夫なのか。今いろいろ大変なのに。

 プロレスリングFREEDOMS。約束の地、横浜スタジアムを目指して、今日も汗をかき、血を流す。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6 7 8
横浜DeNAベイスターズ
佐々木貴
FREEDOMS
古木克明

プロ野球の前後の記事

ページトップ