Survive PLUS ~頂点への道~BACK NUMBER

かつては格上だった相手に「余裕」。
吉田麻也がオランダで実感した成長。 

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/08/20 10:50

かつては格上だった相手に「余裕」。吉田麻也がオランダで実感した成長。<Number Web> photograph by AFLO

サウサンプトンで今季はCBのファーストチョイスとして出場機会が増えることが濃厚な吉田麻也。岡崎慎司との対戦も楽しみだ。

「とにかく、そつなくこなすことが大事」

 口だけでは説得力に欠けるのは当然のこと。吉田も自分がSBに入った時には、その絞るプレーを体現しないといけない。

 前半終了間際のプレー。フィテッセの中盤の選手が中央から前を向いてドリブルで仕掛けてきた時、吉田は自分の背後にいるパスの受け手と成り得る選手へのコースを中に絞って消した。しかし、すぐにボールが出てこないと見るや、今度は自分の背後のスペースをカバーする動きに転換。案の定、相手は背後の選手にスルーパスを出したが、吉田の絞る守備が奏功し、見事カバーリングに成功。自陣ペナルティエリア内でボールを奪取してみせた。

「もう、そこ(中への絞り)だけは本当に意識しました。絶対に崩されないように。ああいう深いところにボールを通されると、SBはしんどいですね。あらためてその大変さもわかった。でも、何度も言うように僕はCBが本職だから、あのカバーリングをやれないとプレーしている意味が無い。そこは自分がSBになっても、90分間最低限続けないといけない。とにかく、そつなくこなす。これが大事なんです」

クーマン「まだまだボールを失う回数が多い」

 15日に行われた、プレミアリーグ第2節・エバートン戦。サウサンプトンは9日の開幕戦をアウェイの地でニューカッスルと戦い、2-2で引き分けていた。今季初勝利をホームで目指したが、3失点を喫して完敗。昨季は堅守セインツとしてプレミアで名を馳せただけに、珍しい大量失点となった。

 吉田も2失点目に絡んでしまった。ハーフウェイライン付近で前から来たボールをコントロールしたところ、後方から狙っていたベルギー代表FWロメル・ルカクに奪われ速攻を浴びた。そしてボールはエバートンの他の選手を経由して、ゴール前で再びルカクへ。最後はこの日2点目となるエースの一撃を食らった。

 これまでもプレミアや代表戦(2013年11月に日本とベルギーは対戦)の舞台で苦しめられたフィジカルモンスターに、またしても辛酸を嘗めさせられたのだった。

 セインツのロナルド・クーマン監督は、以前吉田に対してこんな言葉をかけたことがある。

「まだまだボールを失う回数が多い。縦パスの精度もさらに高めないといけない。そして90分間、集中力を切らさないようにすることも君の改善点だ。ただ、君の守備の戦術面やサッカーへの取り組み方は、本当に素晴らしい」

 さらなる向上の必要性と期待が含まれた、指揮官の至極冷静な評価だった。

 確実にDFとしての自分の器は、イギリスの地で大きくなっている。ただ、まだまだ上には上がたくさんいる。手応えと課題、交互をしっかり噛み締めながら、日本人DFとして未知の階段を一歩一歩上っていくしかない。

 吉田にとってイングランド4年目のシーズン。今季も刺激に満ちた戦いが始まった。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
吉田麻也
サウサンプトン

海外サッカーの前後の記事

ページトップ