Survive PLUS ~頂点への道~BACK NUMBER

かつては格上だった相手に「余裕」。
吉田麻也がオランダで実感した成長。 

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/08/20 10:50

かつては格上だった相手に「余裕」。吉田麻也がオランダで実感した成長。<Number Web> photograph by AFLO

サウサンプトンで今季はCBのファーストチョイスとして出場機会が増えることが濃厚な吉田麻也。岡崎慎司との対戦も楽しみだ。

「プレーの最低レベルの平均を上げていきたい」

 試合後、ロッカーから出てきた吉田に自身の成長ぶりについて投げかけた。

「成長ですか(笑)? まあ、もちろん自分も成長しているとは思いますが、ここでは味方に助けられているところもある。うちの選手は質が高いから、僕も難なくプレーができている。それに当時のフィテッセにはボニーとかファンヒンケルとか今より良い選手がたくさんいた。純粋に比較はできないけど、一番は味方に助けられている、これが大きいですね」

 謙虚というよりは、これが吉田の本音なのだろう。ここ数年、手応えを感じることがあっても、それ以上に今ある課題や修正に目を向けようとしている。そのスタンスは、久々のオランダでのプレーを終えても変わらなかった。

 一方で、徐々にだが確実に自分の成長を感じ取っている部分もある。以前こんなことを話していたことがあった。

「自分のプレーの最低レベルの平均を上げていきたい。ダメなときはまったくダメといった波のある選手では信頼されないし、試合に使ってもらえない。どんな役割を与えられても、その波をいかになくしていくかが、僕の課題だと思っている」

クーマン監督は吉田の柔軟性を評価し、SBでも起用。

 フィテッセ戦の2ndレグ、吉田は左SBでのプレーとなった。今季も基本的にはCBとしてプレーするが、ロナルド・クーマン監督は吉田が他のDF陣よりも柔軟性を持った選手と評価している節があり、昨季もSBに欠場者が出た際は真っ先に彼をサイドに移行させていた。

 そしてこの試合では、戦術的理由も隠されていた。

 サウサンプトンは1stレグで、フィテッセのある攻撃に悩まされていた。右サイドに位置するチェルシーから期限付き移籍中のイザイア・ブラウンにシンプルにロングボールを入れられ、そこから押し込まれる形だ。狙われたのは19歳の左SB、ターゲット。若く才能に溢れた選手だが、守備で後手を踏み苦しみ続けた。

【次ページ】 「CBが本職だから、サイドで空中戦に負けてはいけない」

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

吉田麻也
サウサンプトン

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ