Number ExBACK NUMBER

<高校野球100年を振り返る>
甲子園を彩った5人のアイドル球児。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2015/07/08 10:00

<高校野球100年を振り返る>甲子園を彩った5人のアイドル球児。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

2006年、早稲田実業と駒大苫小牧との決勝戦は再試合に持ち込まれた。マウンドで汗を拭く斎藤佑樹の姿に「ハンカチ王子」フィーバーが巻き起こった。

プロ入り後の思い。

 2015年6月16日。斎藤はプロ入りしてから初めて、甲子園のマウンドに立った。2回1失点、プロ最速タイの147kmを含む20球を投げ込んだ。

「あの時と雰囲気は変わってないですね。いろいろなことは感じましたけど、一番大事なのは一軍で投げるということ。甲子園が、きっかけになればいい」

 物語は続いて行く。

 そして今年の夏も、新しい物語が生まれる。

 今年の夏、AKB世代の「甲子園のアイドル」は誕生するのだろうか。

◇   ◇   ◇

読者の皆様の“高校野球・愛”が、そのまま記事に!

「高校野球生誕100周年」を記念して『Sports Graphic Number』では、7月30日発売号において、Number編集部が30年以上にわたり手がけてきた高校野球取材の総決算ともいえる特別な高校野球特集号を作る予定です。

そこで読者の皆様にも是非、その特集に参加していただきたいと思っております!

「緊急アンケート 夏の甲子園・記憶に残る名勝負・名試合ベスト100」

短い期間の募集となりますが、高校野球を愛する皆様からのご回答を心より御待ちしております。奮ってご参加下さい!

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

太田幸司
定岡正二
坂本佳一
荒木大輔
斎藤佑樹

高校野球の前後のコラム

ページトップ