JリーグPRESSBACK NUMBER

ACL、敵地・韓国でまたも3点大勝!
柏とは対照的なG大阪の「らしさ」。 

text by

吉崎エイジーニョ

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2015/05/21 11:30

ACL、敵地・韓国でまたも3点大勝!柏とは対照的なG大阪の「らしさ」。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

極めて難易度の高いボレーで1点目を、マーカー2人をドリブルで振り切ってからのニアへのシュートで3点目を決めた宇佐美貴史。1人で決められる男の存在が、守備の安定にも貢献している。

“変わっていく柏”と“変わらないガンバ”の哲学。

 柏レイソルとガンバ大阪との戦いぶりを比較していくと、かなり楽しく大会を見ていけるな。そんなことを強く感じた。

 変われるのか、自分を貫けるのか。

 大げさに言うと、対照的に今大会を勝ち抜いている両チームの姿からは人生哲学すら感じさせるテーマが投げかけられているように思う。筆者はこれまで柏レイソルの変化する姿をポジティブに受け止めてきたが、ここにきて「軸を大きく変えないこと」でベスト8入りをグッと引き寄せたクラブも出てきたのだから。

 長谷川の口からは、ACLの会見の席で度々こんな言葉が出てくる。

「ガンバらしく戦う」

 この言葉を、筆者は「攻撃的に戦う=中央からもサイドからもゴールチャンスを作っていく」と理解している。

 「コンディションさえ整っていけばいつだって(ガンバらしさを)発揮できる」という自信。この点を、韓国でのガンバ大阪からは感じ取れた。

 2ゴールを挙げた宇佐美貴史は試合後、表情を変えず、こう口にした。

「2月の頃はまだチームとして出来上がっていなかっただけですから。相手が韓国のチームでフィジカルが強いからといって、特に考えることはありません」

ACLでの“Kリーグ勢>Jリーグ勢”の構図は変わるか?

 韓国側からすると、敗戦のショックはやはり大きかったようだ。

 まだソウルにも勝ち上がりの可能性があるため、さすがに翌日のメディアは「ガンバ称賛」といった論調にはならなかった。しかし危機を煽る記事は目立つ。『スポーツ朝鮮』紙は「ACL全滅の危機、揺れるKリーグ」と見出しを打った。前日のスーウォンに続き、国内のビッグクラブがホームで日本勢に敗れたのだ。

 チェ・ヨンス監督は「大阪での2戦目は、よりゴール前での精密さを選手に求める」と口にした。ソウルが勝ち上がるには3ゴール以上での勝利が必要となる。「相手の攻め疲れ待ち」という戦略は、ソウルの地でもろくも崩れ去った。「プランB」はあるのか。この点も5月27日の再戦の見どころだ。

 ACLにおける“Kリーグ勢>Jリーグ勢”という長らく続いた構図が変化の兆しを見せるのか。

 前日に水原をホームに迎える柏レイソルの戦いを含め、この観点でも興味深い2日間になる。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
ガンバ大阪
FCソウル
城南FC
柏レイソル
宇佐美貴史
長谷川健太
藤春廣輝
米倉恒貴
チャ・ドゥリ
チェ・ヨンス

Jリーグの前後の記事

ページトップ