MLB東奔西走BACK NUMBER

上原浩治、15年来の古傷とともに。
球団の絶対の信頼に“恩返し”を。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/04/08 10:30

上原浩治、15年来の古傷とともに。球団の絶対の信頼に“恩返し”を。<Number Web> photograph by Getty Images

プロ17年目、メジャーでは7年目のシーズンを迎えた上原浩治投手。リハビリを行ないながら、4月中の復帰を目指す。

黒田「命を削る」、上原「常にしんどい」。

 沖縄でのキャンプインに備え、2月中旬にロサンゼルスを離れる前に黒田と話をする機会があったが、彼はマウンドで投げ続けることを「命を削るような行為」と形容し、年齢を重ねてからの苦しさを表現してくれた。

 そんな黒田が最後の舞台に日本を選んだ一方で、上原は引き続き世界一過酷なメジャーのマウンドで投げ続ける道を選択した。

「楽なシーズンなんてないからね。常にしんどい。1年1年変わるから、いい年もあれば悪い年もある。毎年いいヤツなんていないんだし。いい時を見たら余計プレッシャーがかかるからね。今持っているものを出せるように頑張ればいいだけ。(新しいシーズンは)やってみないとわからない。誰も経験していないわけだから」

 40歳という節目のシーズンを迎えたと騒いでいるのは周囲のみ。上原は、例年通り過酷なシーズンを乗り切る覚悟が出来上がっている。

「先発でなくなってからは、投げている時は半分壊れていいやと思って投げている」

 今シーズンも全身全霊を込めたピッチングを繰り広げる上原の生き様に刮目したい。

関連記事

BACK 1 2 3 4
上原浩治
ボストン・レッドソックス
ジョナサン・パペルボン
黒田博樹
イチロー
ハンリー・ラミレス
パブロ・サンドバル

MLBの前後の記事

ページトップ