JリーグPRESSBACK NUMBER

J1全18クラブ、移籍&近況総まとめ。
2ステージ制の2015年を読む!(上) 

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph byAFLO SPORT

posted2015/02/25 10:35

J1全18クラブ、移籍&近況総まとめ。 2ステージ制の2015年を読む!(上)<Number Web> photograph by AFLO SPORT

キックオフカンファレンスに集った2015年J1の18チーム。2ステージ制となる今季、どのようなドラマが見られるだろうか。

主力離脱で苦しい横浜FM、バランスよい補強の湘南。

●横浜F・マリノス

【主な移籍・加入動向】
In:田口潤人(GK/横浜FMユース)、比嘉祐介(DF/京都)、天野貴史(DF/千葉)、熊谷アンドリュー(MF/湘南)、中島賢星(MF/東福岡)、仲川輝人(FW/専修大)

Out:六反勇治(GK/仙台)、武田英二郎(DF/湘南)、小椋祥平(MF/G大阪)、松本翔(MF/山口)、藤田祥史(FW/湘南)

【主なプレシーズン・練習試合の結果】
2月8日  vs.群馬  △0-0(30分×3)
2月13日 vs.G大阪 ●0-1(45分×2)
2月14日 vs.甲府  ○2-0(45分×2)
2月21日 vs.松本  ●0-1(45分×2)

 若手選手の新入団が目立つ一方で、痛いのが大黒柱・中村俊輔の離脱だ。16日に痛みを抱えていた左足関節三角骨、関節内遊離体摘出手術を受けて、全治は2~3カ月と見られている。また1トップ候補だった端戸仁もケガで開幕は間に合わない模様だ。今季から就任したフランス人のモンバエルツ監督は、宮崎キャンプで本来MFの中島を1トップに起用するなど、試行錯誤が続いている。

 その苦しい台所事情の中で、現在ユースに所属している和田昌士がプレシーズンマッチで大きくアピールしている。甲府戦でゴールを決めたかと思えば、松本戦では1トップとして先発起用、決定機を創出した。栗原勇蔵、齋藤学ら下部組織出身の選手が中軸となっているチームの中で、4月に高校3年生となる和田の大抜擢もあり得る。

●湘南ベルマーレ

【主な移籍・加入動向】
In:アンドレ・バイア(DF/ボタフォゴ)、金鐘必(DF/東京V)、坪井慶介(DF/浦和)、高山薫(MF/柏)、山田直輝(MF/浦和)、藤田祥史(FW/横浜FM)、アリソン(FW/ミラソル)

Out:鎌田翔雅(DF/清水)、亀川諒史(DF/福岡)、丸山祐市(DF/FC東京)、宇佐美宏和(DF/山形)、岩尾憲(MF/水戸)、梶川諒太(MF/長崎)、武富孝介(FW/柏)

【主なプレシーズン・練習試合の結果】
2月21日 vs.ソニー仙台 ○2-0(45分×2)

 昨シーズンJ2で怒涛の快進撃を見せたチームは、トルコでキャンプに臨んだ。ハンガリー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、デンマークなどのクラブと練習試合を行ない、成績は2勝2分け3敗。入ってくる情報は限られるが、情熱と理論を併せ持つチョウ・キジェ監督のもとで強化は進んでいると見られる。

 チーム構成では、昨シーズンJ2で大躍進の中軸となった丸山、武富らが抜けたものの、各ポジションに若手からベテランまでバランスよく補強を図っている。その中で本来の輝きを取り戻したいのは山田だ。岡田武史氏が日本代表監督を務めていた'09年に日本代表デビューを飾るなど飛躍が期待されたが、度重なる負傷もあってリーグ戦出場は50試合にとどまっている。坪井とともに浦和との“古巣対決”となる開幕戦で、インパクトあるプレーを見せつけたい。

→後編はこちらから

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
湘南ベルマーレ
横浜F・マリノス
川崎フロンターレ
FC東京
柏レイソル
浦和レッズ
鹿島アントラーズ
モンテディオ山形
ベガルタ仙台

Jリーグの前後の記事

ページトップ