サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

試合の入り方と中2日のマネジメント。
アジア杯、ベスト8敗退の本質とは。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2015/01/24 11:25

試合の入り方と中2日のマネジメント。アジア杯、ベスト8敗退の本質とは。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

UAEとのPK戦、6人目に登場し失敗した香川真司は、茫然とした表情でピッチに座り込んだ。

悔しさの一方で、方向性に見出された希望も。

 選手たちは悔しさをにじませる一方で、方向性には一様に希望を見出している。4-3-3の戦術も一つひとつ上積みがあったのも確かだ。

 遠藤は言う。

「基本的には全試合ほぼ圧倒していたし、(このやり方を)続けていければいいと思う。監督の試合に対する情熱というものは、日本人の僕らにはいい刺激になっている。内容は向上している」

 本田もこう語っている。

「クオリティーやチームの完成度という点、サッカーの戦い方という点、技においては、絶対に今回の大会の方が高かった。ただ、それと勝負を制するのは別だということを今回痛感させられた」

八百長疑惑の渦中にあるアギーレの今後は?

 とはいえ、八百長疑惑の渦中にあるアギーレは、さらに厳しい立場に追い込まれることになる。逆風をさえぎるためには、どうしても「ベスト4」以上が必要だった。経験のあるメンバーを集めただけに、言い訳はできない。

「1ゴール差でPK戦に負けてしまったが、きょう見せたような戦い方をこれからも続けなければならない」

 内容を評価して自信を持ってそう語るアギーレだが、アジアカップでベスト8に終わったという結果と再燃するであろう八百長疑惑の問題が彼の背中に重くのしかかってくる。

 シドニーの夜風は、時より強く吹いた。

 アギーレに対する逆風がさらに強くなってくることを、暗示するかのように。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3
ハビエル・アギーレ
本田圭佑
香川真司
柴崎岳
森重真人
武藤嘉紀

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ