MLB東奔西走BACK NUMBER

14年連続200イニング登板の偉業。
マーク・バーリーの静かな大記録。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/10/05 10:40

14年連続200イニング登板の偉業。マーク・バーリーの静かな大記録。<Number Web> photograph by Getty Images

ブルージェイズのマーク・バーリー投手。今シーズンの成績は13勝10敗0S、202イニングを投げ、防御率3.39。2001年の投球イニング数は221回1/3。以来14年間200イニング以上を達成してきた。

「精神的には問題ないが、肉体的に徐々にきつく」

「精神的な部分はあまり問題ないが、ここまで来ると肉体的に徐々にきつくなってくる。きちんと投げ続けるために、あらゆるピースを揃えなければならない。

 このオフも何も変えずにいつも通りトレーニングを続けていくつもりだ。シーズン中よりももっと腕を鍛えるメニューを取り入れ、1月ぐらいからボールを使ってピッチングもしていくことになると思う。もちろん来年も200イニングが自分にとって大きな目標になるだろう」

 まだプレーオフが始まったばかりだというのに、早くも来シーズンの注目トピックがまたひとつ誕生した。

関連記事

BACK 1 2 3 4
トロント・ブルージェイズ
マーク・バーリー
ドン・サットン
ゲイロード・ペリー
グレッグ・マダックス
トム・グラビン
ジャスティン・バーランダー
ジェームス・シールズ
フェリックス・ヘルナンデス

MLBの前後の記事

ページトップ