MLB東奔西走BACK NUMBER

14年連続200イニング登板の偉業。
マーク・バーリーの静かな大記録。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/10/05 10:40

14年連続200イニング登板の偉業。マーク・バーリーの静かな大記録。<Number Web> photograph by Getty Images

ブルージェイズのマーク・バーリー投手。今シーズンの成績は13勝10敗0S、202イニングを投げ、防御率3.39。2001年の投球イニング数は221回1/3。以来14年間200イニング以上を達成してきた。

 MLBの2014年レギュラーシーズンが全日程を終了した。

 プレーオフ争い以外でシーズン終盤に話題になったのは、田中将大投手の復帰とデレク・ジーター選手の引退。ヤンキースの2人に脚光が当たった。

 そんな中、決して大きなニュースにはならなかったのだが、とんでもない大記録を達成した選手がいる。ブルージェイズのマーク・バーリー投手(35)だ。

 9月24日のマリナーズ戦で今シーズン最後の先発登板をして、8回を投げ3安打無失点と好投。今シーズンの投球イニング数を202イニングに伸ばし、14年連続200投球イニングを達成した。

「今年は何度か5回をもたずに降板したことがあり、難しいかもと思っていた。自分にとっては歳を重ねるごとに厳しさを感じている。今年のキャンプで、個人的な目標として200イニング達成を考えていた。それだけにこの記録は自分にとって大きな意味を持つ」

 試合後メディアに囲まれたバーリーは、安堵感と達成感に包まれていた。

過去には、15年連続で200イニングを投げた投手も。

 バーリーの記録は、決してメジャー記録のようなものではない。

 バーリー以前に14年連続200イニングを達成した投手として、最近ではドン・サットン投手、ゲイロード・ペリー投手、グレッグ・マダックス投手の3人が存在する。奇遇なことに、前の2人はともに1966~80年の期間に15年連続200イニングを達成している。彼ら以外で14年を超える記録を持っているのは、サイ・ヤング、ウォーレン・スパーンの2人だけだ。

 しかし、バーリーの記録は彼らに勝るとも劣らない驚異的なものだ。

 というのも、200イニングの価値は年を追うごとに上昇しているからだ。

【次ページ】 200イニング達成者は、先発の中でも2割ほど。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

トロント・ブルージェイズ
マーク・バーリー
ドン・サットン
ゲイロード・ペリー
グレッグ・マダックス
トム・グラビン
ジャスティン・バーランダー
ジェームス・シールズ
フェリックス・ヘルナンデス

MLBの前後のコラム

ページトップ