セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

「今のベストを出した上で負けた」
本田とミラン、熟成度でユーベに完敗。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/09/21 15:30

「今のベストを出した上で負けた」本田とミラン、熟成度でユーベに完敗。<Number Web> photograph by Getty Images

イタリア代表でもセンターバックを務めるキエッリーニと競り合う本田。試合後「対策を練られていた、と思います」とコメントした。

「正直、ユベントスとはもっと距離があると……」

 インザーギは「ピッチ上の結果を受け入れる」と潔かった。ただし、さまざまなメディアへのインタビューや会見に応えるうち、本音が出てきた。

「ユーベは強かったし、素直に敬意を表したい。だが、正直にいうと、ユベントスとはもっと距離があると思っていた。次のエンポリ戦こそ重要だ。(勝つことによって)ユーベとローマに追いつけると確信を得なければならない。このミランが完成するとき、きっと3強争いができるはずなんだ」

 最少失点での惜敗、というより、全力を出した上での完敗、の方が近い。それでも、優勝を狙うチームと自分たちとの差を直接体感できた意味は大きい。インザーギと本田は、むしろ清々とした表情だった。

 リーグ戦はまだ35試合も残っている。1ゴール分、数十センチの差を埋めるシーズンは始まったばかりだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ACミラン
本田圭佑
ユベントス
フィリッポ・インザーギ
フェルナンド・トーレス

海外サッカーの前後の記事

ページトップ