ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

ウリエが語る優勝候補と注目国。
「日本には確固たるビジョンがある」 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2014/06/19 10:30

ウリエが語る優勝候補と注目国。「日本には確固たるビジョンがある」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

コートジボワール戦で先制点を決めた本田圭佑。敗れはしたが、決めるべき人間のゴールは復活の手がかりとなるか。

「多くのチームが2トップを採用すると思う」

――それではブラジル大会で、何か新しいものは生まれると思いますか?

「それは間違いない」

――プレースタイルなど、戦術面でもそれはあり得ますか?

「何かが生まれるのは間違いない。イタリアはEUROでは3-5-2システムを採用してとても興味深かった。新たなものというより回帰ではあったが、それでもチームはこれまでになかった何かを示した。だから戦術に関しては、多くのチームが2トップを採用するように思う。ひとりをトップに置きもうひとりをサイドに置くか、縦の関係に並べるかの違いはあるが。

 これ(大会のスケジュール表)は貰っていいのか?」

――もちろんです。で、ポルトガルはどうでしょうか?

「どのグループだ?」

――ドイツ、ガーナ、アメリカと同じで、ちょっとした死のグループです。

「たしかに厳しいが、突破も十分に可能だ。そこを抜けると次は……」

――グループHの国、ベルギーかロシア、韓国です。それからグループBも厳しいです。チリに注目するとあなたは言いましたが、スペイン、オランダと同じグループです。

「たしかにきつい」

――そういえば、あなたの肩書きはテクニカル・スタディグループのチーフということでいいのですか?

「そうだ。FIFAのジャンポール・ブリガールとともにコーディネイターを務めている。彼がチーフで私がサブだが、ふたりでオーガナイズしている。ブリガールがFIFAのテクニカル・ディレクターだ。これでいいか」

――メルシー、ジェラール。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ジェラール・ウリエ
ブラジルW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ