MLB東奔西走BACK NUMBER

ブレーブスがたった20年で球場移転?
スポーツビジネスと地方行政の蜜月。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/06/16 10:30

ブレーブスがたった20年で球場移転?スポーツビジネスと地方行政の蜜月。<Number Web> photograph by Getty Images

ブレーブスの本拠地、「ターナー・フィールド」。かつて、1996年アトランタオリンピックのメイン競技場として利用された、アトランタの象徴的なスタジアムでもある。

ブレーブスが新球場へ移転する理由。

●アトランタ・ブレーブス 1997年以降のターナー・フィールドでの年間観客動員数とチーム成績
シーズン 観客動員数 リーグ内順位
1997 346万4488人 2位
1998 336万0860人 2位
1999 328万4897人 2位
2000 323万4304人 4位
2001 282万3530人 6位
2002 260万3484人 8位
2003 240万1084人 7位
2004 232万7565人 10位
2005 252万1167人 10位
2006 255万524人 9位
2007 274万5207人 10位
2008 253万2834人 10位
2009 237万3631人 10位
2010 251万119人 9位
2011 237万2940人 8位
2012 242万171人 8位
2013 254万8679人 8位
※リーグ内順位は1997年は14チーム、1998~2012年は16チーム、2013年は15チーム内の順位。

 これはターナー・フィールド開業以来、2013年までの年間観客動員数を表にしたものだ。

 元々ブレーブスはスター選手を揃えたメジャー屈指の人気球団だった。

 しかも1991年から2005年まで(ストライキのあった1994年は除く)14年連続プレーオフ進出を果たす強豪チームであったにも関わらず、その実力とは裏腹に2000年を最後に、観客動員数はナ・リーグでも下位に低迷している。

 2010年以降も4年間で3回もプレーオフ進出しているのに、一向に動員数が上昇していない。

渋滞、治安など、足を運びづらい現在の球場。

 この辺りの事情について、ブレーブスの地元メディアにいろいろ話を聞いてみた。

「そもそもターナー・フィールドの周辺はアトランタでも低所得者層が住む地域で、球場に足を運ぶファンはこの辺りに住んでいない。しかも、球場周辺は決して治安がいいとは言えない。

 さらに球場までの交通アクセスが整っているわけではなく(公共機関は地下鉄があるが、最寄りの駅が遠く球場までのシャトルバスを使用するしかない)、球場周辺のフリーウェイは慢性的な渋滞が続いており、ファンが車で球場に来るのも大変な状態に陥っていた。

 今回の新球場建設は、ブレーブスにとってファンが球場に足を運びやすい環境を整えることが目的だった」

 その言葉通り、新球場はアトランタ市内ではなく、市の北西に位置するアトランタのベッドタウンともいうべきコブ郡(アトランタがあるのはフルトン郡)に建設されることになっている。まさに球場に観戦に訪れていたファンのお膝元に球場を持っていこうとしているわけだ。

【次ページ】 プロスポーツの招致に、地方行政も積極的。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アトランタ・ブレーブス

MLBの前後のコラム

ページトップ