MLB東奔西走BACK NUMBER

ブレーブスがたった20年で球場移転?
スポーツビジネスと地方行政の蜜月。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/06/16 10:30

ブレーブスがたった20年で球場移転?スポーツビジネスと地方行政の蜜月。<Number Web> photograph by Getty Images

ブレーブスの本拠地、「ターナー・フィールド」。かつて、1996年アトランタオリンピックのメイン競技場として利用された、アトランタの象徴的なスタジアムでもある。

 世はW杯で賑わい、ブラジル各地のスタジアムから、その地域の様子が伝えられている。それにあやかり、今回はメジャーはもちろん、米国におけるプロチームと地域行政の密接な関係について少し考えてみたいと思う。

 先日レッドソックスの取材でアトランタを訪れた時のことだ。試合前の打撃練習を見学している時に、球場の電光掲示板でブレーブス関連の広告が入れ替わりで流されていた。

(えっ、本当に!?)

 その中のある広告を発見し、驚かされてしまった。それは、ブレーブスが新球場オープンに合わせ、年間チケットの先行販売を行なっていたのだ。

 練習見学後に記者席に戻って調べてみたら、ブレーブスは新球場建設プランを昨年11月に正式発表していた。これに関してはお恥ずかしい話なのだが、この時点まで筆者が知らなかっただけだった。

 とはいえ驚かされたのには理由がある。今回のブレーブスの新球場建設は常識的には考えにくいことだったからだ。

'90年代にメジャーで巻き起こった新球場建設ラッシュ。

 メジャーリーグでは1992年のオリオールズの新球場開業以来、収益性と娯楽性がより高い“ボールパーク”型新球場の建設ラッシュが巻き起こった。

 結局、それ以降今日に至るまで20チームが新球場を建設し、それ以外でもドジャース、エンゼルス、ロイヤルズなどのチームが大幅な改修工事を行なっている。

 そしてブレーブスも、そんな新球場を開業したチームの1つだった。

 ブレーブスの本拠地「ターナー・フィールド」は、1996年のアトランタ五輪用に建設されたメインスタジアムを、五輪終了後に野球専用スタジアムとして改装し、翌1997年に開業したものだ。

 まさにアトランタの栄光を象徴するランドマークである。

 それなのにブレーブスは、まだ開業18年目の球場を見限り、2016年で満了するリース契約を更新せず、2017年から新球場へ移転する決断を下したのだ。

 一体、なぜ。その理由は何なのか?

【次ページ】 ブレーブスが新球場へ移転する理由。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アトランタ・ブレーブス

MLBの前後のコラム

ページトップ