セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

本田と長友、交わらなかったふたり。
消極的なダービー、既にW杯モードに。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byREUTERS/AFLO

posted2014/05/07 12:15

本田と長友、交わらなかったふたり。消極的なダービー、既にW杯モードに。<Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

セードルフ監督は「(日本人対決を予測するだろう)敵の裏をかきたかった。相手の攻撃を阻むために守備のフォーメーションを修正した」と試合後に語っていたが……。

 地下鉄の最寄り駅「ロット」から汗ばむ陽気の地上に出ると、すでに車内で目にしていた日本人の数が、何倍にも膨れ上がった。

 地元サポーターに混じった彼らは、皆一様に“カルチョの殿堂”サンシーロを目指した。スタジアムへの道すがら、「HONDA 10」と「NAGATOMO 55」の文字が、彼らの背中で誇らしげに揺れていた。

 だが、5月4日に行なわれたミラノダービーで、期待されていた“日本人対決”は実現しなかった。

 インテルMF長友佑都はフル出場したものの、ミランの10番をつけたMF本田圭佑は初めてのミラノダービーをベンチに座ったままで終えた。

 両チームの拙攻が目立ち、消極的な展開に終始したダービーだったが、本来はEL出場権をかけた激しい一戦になるはずだった。

付け焼き刃で戦い続ける、セードルフのミラン。

 ミランの監督として初めてダービーに臨んだセードルフは、4-3-1-2へ布陣を変えてきた。

 前節ローマ戦で故障明けの本田がプレーした右サイドには、MFポーリが先発した。

 FWバロテッリとFWカカが置かれた2トップと、攻撃の組み立て役となるべきMFターラブトとMFモントリーボとの連携はほとんど機能しなかった。縦にも横にもパスはつながらず、セードルフのプランと指導が付け焼刃であることは一目瞭然だった。

 流れの中からゴールが奪えないミランは、セットプレーに頼るしかない。

 後半20分、相手のペナルティエリア右の位置で得たFKをバロテッリが鋭くゴール前へ蹴り込む。MFデヨングが強烈なヘディングを合わせて先制に成功すると、ミランはそのまま虎の子の1点を守り、逃げ切った。

 敗れたインテルのMF長友佑都は、3-5-2の左サイドハーフとして先発した。

 ネラッズーロ(黒・青)の背番号55を背負って4年目の長友は、新監督マッツァーリの下で今季著しい成長を見せていた。

【次ページ】 策士、策に溺れた……マッツァーリ。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ACミラン
インテル
長友佑都
本田圭佑
クラレンス・セードルフ
ワルテル・マッツァーリ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ