MLB東奔西走BACK NUMBER

イチローの調子は「背中」でわかる!?
打撃フォームに久々に戻った“丸み”。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/04/20 10:50

イチローの調子は「背中」でわかる!?打撃フォームに久々に戻った“丸み”。<Number Web> photograph by Getty Images

スタメンではないものの、4月16日時点で11試合に出場し、23打数10安打、打率.435と好調を維持するイチロー選手。守備でもフェンス際の難しい打球に飛びつくなど、好プレーを見せている。

“悪球打ち”が可能なシーズンは好調といっていい。

 普通に考えれば当たり損ねの内野安打は打ち損じということになるだろう。

 あくまでも私見だが、このような内野安打はイチローの調子を占うバロメーターだと思っている。

 これまでもイチローは、何度となく驚異的な“悪球打ち”を披露してきているが、視点を変えればそれは、イチローが難しい球でも空振りしないでバットに当てられるからこそ生まれる安打だと考えられる。

 そう考えると、今年のイチローはスムーズにバットが振れるようになっている、という仮説を立てることができるのだ。

 その仮説を裏付けるように、なかなか先発出場する機会に恵まれないながらも、4月14日現在で打率.421という好成績を残している。現在のイチローの打撃が決して悪い状態にないことだけは理解できるだろう。

 残念ながら、この背中の違いや現在のスイングの感覚について、イチローから直接、話を聞くことができておらず、なんらかの確証を得たわけではない。

 また、先に話を聞いた野球選手の身体の使い方に関しても、あくまでも理論のひとつでしかなく、客観的にみれば、イチローの打撃フォームの変化と好成績がたまたま重なっただけともいえる。

 プロ野球経験者でもない筆者が、野球に関する専門知識について論じるのはおこがましく、これまでもできうる限り避けてきたし、今後もその考えに変わりはない。

 ただ今回、いくつもの“偶然”が重なり、今シーズンのイチローに対する期待感と高揚感に突き動かされた発見をお伝えしたかった次第である。

関連記事

BACK 1 2 3
イチロー
ニューヨーク・ヤンキース

MLBの前後の記事

ページトップ