野球クロスロードBACK NUMBER

ホームランから見放された2年間。
広島・栗原健太、豪打を取り戻せるか。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2014/03/04 10:40

ホームランから見放された2年間。広島・栗原健太、豪打を取り戻せるか。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

全試合に出場した2011年には、17本のホームランを放った栗原健太。昨年、一昨年は出場試合数も激減している。自身のキャリアハイ、2007年の25本塁打を越えることはできるか。

「栗原ならそこに気づいて練習するんじゃないかな?」

「でも、栗原ならそこに気づいて練習するんじゃないかな?」

 高橋氏はそう言って栗原への期待を覗かせる。意外かもしれないが、スポーツの世界では実績のある熟練者ほど、革新的な要素より地味な練習を数多くこなすことのほうがレベルアップをもたらしたりするものだ。強い覚悟を持って今季に臨む栗原だからこそ、地道な作業も喜んで受け入れ、再起に励んでくれるだろうし、そうしなければならないのだ。

「肘も問題ありません。あとはやるだけです」

 栗原はそう言って笑みを浮かべた。

 2年間、本塁打ゼロの眠れる主砲、待ったなし。

 豪打が復活すれば栗原のみならず、昨年初のクライマックスシリーズ進出を果たした広島もさらに勢いづく。それだけは間違いない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
広島東洋カープ
栗原健太
野村謙二郎
キラ・カアイフエ
高橋慶彦

プロ野球の前後の記事

ページトップ