オリンピックへの道BACK NUMBER

「歩夢」「卓」と呼び合う2人の神童。
スノボ界初のメダルが日本を変える。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki/JMPA

posted2014/02/13 16:30

「歩夢」「卓」と呼び合う2人の神童。スノボ界初のメダルが日本を変える。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki/JMPA

なかなかメダルが取れなかった日本に、最初の輝きをもたらした平野歩夢(左)と平岡卓。日本のスポーツシーンに新たなスターが誕生した。

「歩夢」「卓」と呼び合う2人の関係。

 特徴的なのは、「歩夢(あゆむ)」「卓(たく)」と年齢にかかわらずフランクに呼び合う2人をはじめ、ハーフパイプの代表選手たちのまとまりのよさだ。

「チーム力を力にしたいと思います」

 試合を控え、萩原文和監督はこう語っていたが、バンクーバー五輪のあと、意識してチームとしての強化を図ってきた。しばしば合宿を行ない、トレーニングをともにするなど一緒に過ごす時間を作ってきた。

 その中で切磋琢磨し、お互いに刺激しあう関係も生まれたという。

 2人はメダル獲得後、互いを称えあった。それも含め、思い切りを生んだベースに、チームとしての強化もあったのではないか。

 むろん、数々の舞台に出場する中で、各々が蓄積してきた経験、より上を目指す向上心も大きいだろう。

 それらがあいまって、2人そろって、「楽しかった」と振り返るように、思い切って挑めたことが、メダルへとつながったように思える。

「歴史に残ることができて、自信にもつながる」

 そして2人は、率直に、喜びを表した。

 平野は言う。

「オリンピックを目標に小さい頃からやってきて、思ったより成績が出て、最年少メダリストという歴史に残るようなことができて、今後の自信にもつながると思います」

 一方の平岡。

「2人で銀と銅を取れて、めっちゃ、うれしかったです。今までスノーボードは、メダルを取ったことがなかったから、これでスノーボード界が盛り上がったらいいなと思います」

 2人の活躍は、日本のスノーボードに目を向けさせ、新たな扉を開くものでもあった。

関連記事

BACK 1 2
平野歩夢
平岡卓
ショーン・ホワイト
萩原文和
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ