サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

ついに定番コンビの牙城が崩れた!?
ボランチの序列を塗り替えた山口蛍。 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2013/11/22 16:30

ついに定番コンビの牙城が崩れた!?ボランチの序列を塗り替えた山口蛍。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

すでに欧州のクラブが獲得に興味を示しているという報道が出ている山口。この勢いを駆ってザックジャパンの起爆剤となるか!?

磐石だったボランチの勢力図に変革が起きる!!

 欧州組の入ったチームで先発フル出場したことについて山口は、「初めて90分出たので、次に向かって行くにはすごく大きなステップだったと思う」と位置付けた。

 年内最後の試合となったベルギー戦では、再び長谷部とのコンビで先発に名を連ねて45分間プレーし、チームは3-2で勝利。「海外組と一緒にやって時間がたっていなかったときは遠慮もあったが、時間を重ねて徐々に慣れてきた」と、着実な歩みを実感している。

 縦への推進力を持ち味とする長谷部、典型的なパッサーである遠藤という異なったタイプの選手の特徴に合わせられることは、盤石だったボランチの勢力図に変革を起こすことも予感させる。山口は、「周囲に合わせられることが自分の強みとは思ってないけど、自分はそうやって合わせていかないと生き残っていけない選手だと思う。だからうまく合わせることができたのかなと思う」とハッキリと手ごたえもにじませる。

 日ごろからポジション争いの必要性を訴えている長谷部は、「蛍にもハジ(細貝萌)にもヤットさん(遠藤)にも、お互いの特徴がある。皆がしっかり合わせられるようにしていきたいし、自分も合わせるようにしていきたい」と、新戦力の台頭を歓迎した。

 ベルギー戦を終えた時点で、山口のプレータイム総計は長谷部との組み合わせで90分、遠藤との組み合わせで89分。バックアップ要員の域を超え、一気に先発候補へ躍り出た感のある山口。

 これから先は、何が起こってももう予想外ではない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アルベルト・ザッケローニ
長谷部誠
遠藤保仁
山口蛍
山口螢
ブラジルW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ