欧州サムライ戦記BACK NUMBER

香川、今季2度目の先発出場も……。
「大人しい」ことは美徳ではない! 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byREUTERS/AFLO

posted2013/09/26 12:00

香川、今季2度目の先発出場も……。「大人しい」ことは美徳ではない!<Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

独力での突破よりもコンビネーションの中で輝く香川にとって、出場機会が限られる事態は危機的。多士済々のマンU攻撃陣との厳しいポジション争いが続きそうだ。

香川の立場は、ダービー前に逆戻り!?

 リバプールが意表をついて採用した3-5-2システムも、香川にとっては不運だった。

 自身の後方にいた左SBのアレキサンダー・ビュットナーは、対3バックの経験が乏しいのか、攻撃参加に消極的だった。結果としてマンUは、優勢だった序盤もリバプールの右アウトサイド後方のスペースをつくことができず、香川得意のカットインは、中央を固める敵の3バックに守り易くしている印象を与えた。

 前半の途中からは、逆サイドに主戦場を変えて、違う展開に絡もうとしていたが、31分にボックス内でエルナンデスと見せたワンツーもシュートには至らず。52分には自身がゴール前に抜けるかに思われたが、ボールが足に付かなかった。一方、30分の自軍エリア付近での雑なパス、55分の中途半端なクリアなどで危機を招きかけた。

 いま一つの内容でも、勝利という結果を手にしたマンUは、ダービーでのショックを払拭し、リーグカップでの16強に駒を進めた。

 しかし、香川のポジション争いは、ダービー前の振り出しに戻ってしまったようだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

マンチェスター・ユナイテッド
リバプール
香川真司
デイビッド・モイーズ
ルイス・スアレス
ダニエル・スタリッジ
ハビエル・エルナンデス
ウェイン・ルーニー
ロビン・ファンペルシ
トム・クレバリー
マンチェスター・シティ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ