欧州サムライ戦記BACK NUMBER

香川、今季2度目の先発出場も……。
「大人しい」ことは美徳ではない! 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byREUTERS/AFLO

posted2013/09/26 12:00

香川、今季2度目の先発出場も……。「大人しい」ことは美徳ではない!<Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

独力での突破よりもコンビネーションの中で輝く香川にとって、出場機会が限られる事態は危機的。多士済々のマンU攻撃陣との厳しいポジション争いが続きそうだ。

香川のスタメン復帰の可能性が高まった理由。

 新監督に勇気さえあれば、頭を悩ませずとも前向きなベンチワークが可能だった。

 自軍の中で最悪の出来だったヤングを下げ、代わりに1トップで先発したダニー・ウェルベックを左に回して、ルーニーをセンターFWとして使い、ベンチを出た香川にトップ下を任せれば良かったのだ。

 問題のヤングは、単純な運動量からして、マンCの左サイドで先発したサミル・ナスリに劣っていた。普段のナスリは、決してハードワークで知られる選手ではない。この辺りが、相手キャプテンのバンサン・コンパニに、「自分たちは勝利への気迫で勝っていた」と言われても仕方のない理由だ。

 同じ事は右サイドのバレンシアにも言えた。試合前には、マンCの左SBが攻撃意識過多のアレクサンダル・コラロフだったことから、サイドを深くえぐるバレンシアの活躍が期待された。だが実際には、後方のカバーが不十分で守備に穴をあけた。本職はCBのクリス・スモーリングがSBを務めていた自軍の右サイド後方を、コラロフのオーバーラップなどで攻められてもいる。

 ハードワークが身上のバレンシアは、モイーズが最も買っているウィンガーと目されていた。しかし、ダービーでの不甲斐ないパフォーマンスにより、今後は、9月に入って新5年契約を結んだナニはもちろん、ウィルフリッド・ザハにも、右サイドでピッチに立つ機会が奪われても不思議ではなくなってきた。

 ひいては、逆サイドが定位置のオプションである香川に、スタメン復帰への入り口が見えてくるかに思われた。

 そして、そのアピールの機会が、早速、リバプール戦で用意されているはずだった。

主力の入れ替えを念頭に置いた起用だったが……。

 ビッグクラブでは、リーグカップ早期ラウンドでのベンチ組の先発起用が当たり前だが、ダービーで不甲斐ない敗戦を味わった直後の新監督は、バックアッパーの調整ではなく、次節以降の主力入れ替えを念頭に置いて、リバプール戦のピッチを眺めていたに違いない。

 そのリバプール戦、香川は72分与えられたが、十分なアピールはできなかった。

 運がなかったこともある。

 最大の見せ場は、ミドルを狙った64分。敵をかわしたターンから、20メートル級のシュートまで、香川らしい見事な一連の動作だったが、ボールは惜しくもバーを叩いた。

【次ページ】 香川の立場は、ダービー前に逆戻り!?

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

マンチェスター・ユナイテッド
リバプール
香川真司
デイビッド・モイーズ
ルイス・スアレス
ダニエル・スタリッジ
ハビエル・エルナンデス
ウェイン・ルーニー
ロビン・ファンペルシ
トム・クレバリー
マンチェスター・シティ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ