野ボール横丁BACK NUMBER

ロッテと中日の勝敗を分けたもの。
史上稀に見る持久戦の真実とは? 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2010/11/08 12:45

ロッテと中日の勝敗を分けたもの。史上稀に見る持久戦の真実とは?<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

では今シリーズの両チームの差はどこにあったのか?

 ロッテは第6戦を分けたことで、第7戦は渡辺を温存し、第8戦に中5日でぶつけるという手も考えられた。だが、ロッテは1戦たりとて負けることなど考えてはいなかった。「自分たちのグラウンドで胴上げすることが、ファンへの恩返しになる」と西村監督は語っていたが、第5戦までに千葉マリンスタジアムで決めてやるぐらいのつもりで戦っていた。

 今シリーズの両チームの差はそこだったのではないか。

 常に勝つ姿勢を貫いたロッテが4勝2敗1分けだった。そう、全部勝ちに行ったとしても、これぐらいの数字になるのだ。

 負けてもいいゲームをつくったからといって、勝ちにいった試合すべてに勝てるわけではない。ましてやボクシングと同じで、第5戦のようにあそこまで防御をせずに好きに打たせたら相手を勢いづかせるだけだ。

 勝負事は「想定外」が常。ましてや舞台は、日本最高峰の力と力がぶつかる日本シリーズである。

 落合監督はロッテ優勝が決まった第7戦の試合後に「強さを感じさせなかったこと。それが相手の強さ」と語ったが、誰よりもロッテの強さを実感していたに違いない。必勝態勢で臨んだ第6戦も、第7戦も、中日は勝てなかった。第5戦で落合監督が語った「想定内」というひと言。それが勝敗を分けたような気がしてならない。

関連記事

BACK 1 2 3
中日ドラゴンズ
千葉ロッテマリーンズ
落合博満

プロ野球の前後の記事

ページトップ