プロ野球亭日乗BACK NUMBER

「稼ぎ」と「リスク」で考える、
大谷翔平・二刀流の“損得勘定”。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/05/25 08:01

「稼ぎ」と「リスク」で考える、大谷翔平・二刀流の“損得勘定”。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

5月23日、投手デビュー戦となったヤクルト戦の3回、バレンティンから三振を奪い雄叫びをあげる大谷。5回6安打2失点で勝ち負けはつかなかったが、最速157kmの速球を披露するなど、投手としてのポテンシャルを存分に見せつけた。

メジャー志向なら投手の選択肢しかないと思うが……。

 メジャーに行くならやはり圧倒的に投手有利なのである。

 日本でずっとプレーするなら、野手として続けた方が長くプレーできて、長嶋さん流に言えば「稼げる」可能性は高い。ただ、メジャーという夢を抱くなら、やはり投手として己を磨いた方が可能性はぐっと広がる。

 プロ入りの際に大谷は、一度はメジャー挑戦を表明しながら、入団交渉での二刀流提示を受けて日本ハム入りを決断した。ただ、今もまだ、将来的にはメジャーへの夢を捨ててはいないという。

 ならばこれからの二刀流は、やはり投手に軸を置いて続けるべきなのだろう。

 ただ、そのときに確かなことは、二刀流は投手にとってはかなりリスキーな挑戦だということである。

 野手で出場すれば他の選手や球場施設と接触する機会も多く、厳しい内角攻めで死球を受けるケースも出てくる。投手は肩やひじなど、ただでさえピッチングでの故障リスクが高い上に、今度はそうした外的要因での故障リスクもある(それは投げられなくなる故障だけではなく、投球フォームや身体の使い方に影響したりするケースもある)。

 ならば……。

 早く自分の軸足を定める場所を決めて、できればその場所一本で勝負する決断をすべきではないのか。

 投手・大谷の可能性を見て、改めてその思いが強くなった。

関連記事

BACK 1 2 3
大谷翔平
北海道日本ハムファイターズ
栗山英樹

プロ野球の前後の記事

ページトップ