セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

激戦必至のコッパ・イタリア決勝!
ローマを包む史上初ダービーの熱狂。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/05/22 10:50

激戦必至のコッパ・イタリア決勝!ローマを包む史上初ダービーの熱狂。<Number Web> photograph by Getty Images

オリンピコ・スタジアムで発炎筒を焚くローマのサポーター。

ローマ法王や大統領もオリンピコの決闘に熱く燃える。

 ダービーをめぐる過熱ぶりには、バチカンも黙ってはいられない。熱心なサッカーファンである新ローマ法王フランシスコ1世が何とダービーに自ら介入。決勝前の22日に、両チームの会長と監督、主将を集め、特別謁見によって、フェアプレー精神の相互尊重やサポーターたちへ友好的な観戦を訴える。これに刺激されたのか、87歳の御大ナポリターノ大統領までもが、24日に内閣府へ両チームを招集し、激励する事態に。

 これらの権威筋が出てきたことによって、決勝戦には「法王&大統領公認」の箔までついた。“よけいヒートアップしてしまうのでは……”とは言いっこなしだ。

 先日、'60年代のラツィオで活躍した元選手を取材した折、ローマダービーの話になった。

「ダービーはシーズンの単なる1試合ではありえない。ひどい喧騒もある。物も降ってくる。それも含めてダービーなのだ」

 '60年代も現在も、ダービーの熱は不変だろう。数年前のダービーからの帰り道、オリンピコに近いミルビオ橋で、火炎瓶を投げられたことを思い出した。ガラスがバンッと弾け、火が走るのを見た。

 シーズンを締めくくる首都決戦が、永遠の都に熱を呼ぶ。オリンピコを制す者が欧州の舞台へ行けるのだ。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3
ローマ
ラツィオ
フランチェスコ・トッティ
ミロスラフ・クローゼ
ホルへ・ベルゴグリオ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ