ミロスラフ・クローゼ 

18件中 1 - 18件を表示
ドイツのレーブ政権がついに終焉?後任にはジダン、クローゼの名も。

ドイツサッカーの裏の裏……って表だ!

ドイツのレーブ政権がついに終焉?
後任にはジダン、クローゼの名も。

辞任か解任か。もはや、2つに1つの雰囲気だ。現地時間10月16日に開催されたUEFAネーションズリーグで、ドイツが世界王者フランス… 続きを読む

遠藤孝輔Kosuke Endo

2018/10/20

クローゼが語るレバンドフスキの技。「すべての能力を持つストライカー」

Number PLAYBACK

クローゼが語るレバンドフスキの技。
「すべての能力を持つストライカー」

サッカー界には4年ごとに活躍する「W杯男」がいる。2016年に現役を引退した元ドイツ代表のミロスラフ・クローゼもそのひとりだ。 続きを読む

アレクシス・メヌーゲAlexis Menuge

2018/06/18

嗅覚と正直の男、クローゼが引退。代表71ゴールは全てエリア内から。

ドイツサッカーの裏の裏……って表だ!

嗅覚と正直の男、クローゼが引退。
代表71ゴールは全てエリア内から。

ミロスラフ・ヨゼフ・クローゼ。“ミロ”の愛称で知られるポーランド生まれのストライカーは、祖父の出身地であるドイツで金字塔… 続きを読む

遠藤孝輔Kosuke Endo

2016/11/08

「メッシ対ドイツ」を超える戦いを。決勝に相応しい個の激突が見たい。

ブラジルW杯通信

「メッシ対ドイツ」を超える戦いを。
決勝に相応しい個の激突が見たい。

準決勝で対照的な戦いぶりを見せた2チームによる決勝戦となった。24年ぶり4度目の戴冠にリーチをかけたドイツと、28年ぶり3度目… 続きを読む

矢内由美子Yumiko Yanai

2014/07/12

ドイツに声援を送ったブラジル人たち。歴史的大敗で傷ついた王国の“誇り”。

ブラジルW杯通信

ドイツに声援を送ったブラジル人たち。
歴史的大敗で傷ついた王国の“誇り”。

キックオフからわずかに11分後、ブラジルがペースをつかみかけていた中でドイツが得た最初の右CKだった。ファーサイドのミュラー… 続きを読む

了戒美子Yoshiko Ryokai

2014/07/09

激戦必至のコッパ・イタリア決勝!ローマを包む史上初ダービーの熱狂。

セリエA ダイレクト・レポート

激戦必至のコッパ・イタリア決勝!
ローマを包む史上初ダービーの熱狂。

5月最後の週末が近づくにつれ、ローマっ子たちは気もそぞろだ。26日に行われるコッパ・イタリア決勝戦が、いよいよ一大事となっ… 続きを読む

弓削高志Takashi Yuge

2013/05/22

“死のグループ”で3戦全勝!!ユーロでドイツが好調な3つの理由。

ブンデスリーガ蹴球白書

“死のグループ”で3戦全勝!!
ユーロでドイツが好調な3つの理由。

ユーロを戦うドイツ代表が予想とは異なる戦いで、調子をあげてきている。「この厳しいグループでなければ、我々も優勝候補だった… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2012/06/20

平均年齢が24.8歳のドイツ代表。世代交代と急成長には裏事情アリ!

南ア・ワールドカップ通信

平均年齢が24.8歳のドイツ代表。
世代交代と急成長には裏事情アリ!

期待はあった。予感もあった。それにしても、ここまでパーフェクトな勝ち上がりは、大会前には予想できなかったはずだ。アルゼン… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2010/07/04

退場者続出の南アにおけるジャッジ。岡田ジャパンの意外な弱点がそこに!

南ア・ワールドカップ通信

退場者続出の南アにおけるジャッジ。
岡田ジャパンの意外な弱点がそこに!

およそ3分1の確率で、出場32カ国が悲劇に襲われている。21日までに消化された32試合(ちょうど大会の半分である)のうち、実に10… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2010/06/22

これがW杯優勝候補? ドイツ代表に漂う停滞感。

ブンデスリーガ蹴球白書

これがW杯優勝候補?
ドイツ代表に漂う停滞感。

ドイツは引き立て役になり下がってしまった。3月3日、ディエゴ・マラドーナ率いるアルゼンチン代表との試合では、良いところなく… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2010/03/18

欧州CL“バイエルン辛勝”の裏側。ヨーロッパの頂点はまだ遠い。

ブンデスリーガ蹴球白書

欧州CL“バイエルン辛勝”の裏側。
ヨーロッパの頂点はまだ遠い。

試合前、ドイツ内ではバイエルンの勝利を疑うものはいなかった。 公式戦12連勝中の彼らは、飛ぶ鳥を落とす勢いだ。先制されても… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2010/02/20

代表で絶好調、ブンデスでは絶不調。クローゼとポドルスキの深刻な悩み。

ブンデスリーガ蹴球白書

代表で絶好調、ブンデスでは絶不調。
クローゼとポドルスキの深刻な悩み。

ドイツ統一から20年後、2010年に行なわれる南アフリカW杯でのドイツの目標は優勝である。 本大会出場を決めた直後にヨアヒム・… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2009/12/09

ドイツ代表クラーニィ 栄光と転落。

Column from Germany

ドイツ代表クラーニィ 栄光と転落。

企業経営者でも政治家でも、“引き際”を誤ると、それまで獲得していた功績と名声を一気に失うことがある。『盛者必衰の理』の極… 続きを読む

安藤正純Masazumi Ando

2008/10/24

ポーランド移民のドイツ代表選手は、何を思う。

EURO2008 カウントダウン

ポーランド移民のドイツ代表選手は、
何を思う。

'93年のEU発足以来、ヨーロッパの国境線はずいぶんと影が薄くなった。しかしサッカーの国際試合が、それを改めて強く印象づける… 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

2008/06/02

ブレーメンの憂鬱。

Column from Germany

ブレーメンの憂鬱。

我々はバイエルン・ミュンヘンに人材を供給するジョーカーなのか──。自虐と恨み節が重なり、目下リーグでいちばん元気がないの… 続きを読む

安藤正純Masazumi Ando

2007/08/27

クローゼがついに移籍か。

Column from Germany

クローゼがついに移籍か。

ブンデスリーガは17日で前半戦を終了。ベルダー・ブレーメンが秋の王者となった。そのブレーメンだが、W杯の得点王でエースのミ… 続きを読む

安藤正純Masazumi Ando

2006/12/25

ドイツ復活への遠い道のり。

Column from Germany

ドイツ復活への遠い道のり。

現在国内最高のストライカーといえばブレーメンのクローゼである。歴代最高の点取り屋G・ミュラーも「クローゼしかいない」と認… 続きを読む

安藤正純Masazumi Ando

2006/04/13

ドイツ1の点取り屋はどっちだ?

Column from Germany

ドイツ1の点取り屋はどっちだ?

ブンデスリーガの天王山、第12節のバイエルン対ブレーメン戦。アリアンツアレーナでの試合は開始1分にブレーメンが先制点を奪っ… 続きを読む

安藤正純Masazumi Ando

2005/11/18

ページトップ