リーガ・エスパニョーラの愉楽BACK NUMBER

モウリーニョはリーガで成功するか?
開幕前の言動から予測すると……。 

text by

中嶋亨

中嶋亨Toru Nakajima

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2010/08/13 10:30

モウリーニョはリーガで成功するか?開幕前の言動から予測すると……。<Number Web> photograph by Getty Images

遠征先のアメリカで、練習敷地内をカートで移動するモウリーニョ

リーガでは多くのチームがカウンターを使うという事実。

 もちろんショートカウンターは有効な攻撃の手段ではある。実際、バルセロナにとっても重要な攻撃オプションとなっているほどだ。しかし、それだけで勝てるほど今のリーガは甘くない。

 もしもバルセロナの攻撃オプションがショートカウンターだけなら、昨季のレアルはバルセロナに競り勝てたかもしれない。

 リーガの下位、中堅チームはきっちりと守備を固め、ボールを奪ったらサイドを使いながら素早く攻撃を仕掛けるのが上手い。彼らはどうしたら効果的に守備から攻撃に移ることができるのかを知っていて、プレミアやイタリアの下位、中堅チームよりも正確にボールを操ることができる。そういう相手に対して勝ち点3を積み上げていくための武器がショートカウンターだけというのは、どう考えても苦しい。

 より長い時間ボールを持ち、試合をコントロールしていかなければ引き分けや敗戦を招く危険性が高くなるのがリーガだ。そしてその危険性を高いレベルで排除しているのが自在にボールを動かし、試合を徹頭徹尾コントロールしているバルセロナなのだ。

“スペシャル”なモウリーニョがサッカーを進化させる!?

「私のチームは守備的にはならない。ボールを支配し、試合を制するチームを作るだけだ。どのチームの真似をしようとも思わない」

 AS紙のインタビューで堂々とこう語っているモウリーニョ。彼は、今度こそ自分のサッカーが真の意味で試される戦場にやって来たのだ。

「最初は守備を固めることが私のチーム作りの基本ではある。それができれば攻撃も自ずと上手くいくようになるからね」

 就任会見でこう語ったモウリーニョだが、恐らく今までと同じサッカーでは“スペシャル・ワン”という自らつけた称号に値する成功は勝ち取れないだろう。

 だが、もしも彼が真に“スペシャル”なら?

 リーガという過酷な戦場だからこそ、彼のサッカーはより進化していくはずだ。

 バルサがこれまでにはなかった攻撃サッカーを手にしたように、モウリーニョはこれまでのどんなチームも達することができなかった戦術を繰り出すチームを作るかもしれない。それが成功するか否か? もしも成功するのならどのように行われるのか? 彼に注目することで、サッカー史の新たな1ページがめくられる場面に私たちは遭遇できるのかもしれない。

関連記事

BACK 1 2
ジョゼ・モウリーニョ
レアル・マドリー

海外サッカーの前後の記事

ページトップ