SCORE CARDBACK NUMBER

予想以上のW杯効果と、
バファナバファナの課題。
~祭りの後の南アフリカ~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byKaoru Watanabe(JMPA)

posted2010/08/05 06:00

予想以上のW杯効果と、バファナバファナの課題。~祭りの後の南アフリカ~<Number Web> photograph by Kaoru Watanabe(JMPA)

子供たちが吹き鳴らすブブゼラの音色は、南アを象徴するものとして世界中に認識された

 南アフリカワールドカップが終わってから数日間、まつりの後の現地を歩いて回った。

 大会中は世界各国のサポーターで埋まっていたネルソン・マンデラ広場は閑散としており、スタジアム周辺の交通量もずいぶんと減った。あれだけうるさかったブブゼラの音も、今ではほとんど聞こえない。夢の時間も終わり、南アフリカの人々は日常生活に戻ったわけだ。

 大会の熱は去ったが、ワールドカップがこの地に残したのはピッチ上で繰り広げられた64試合の記憶だけではない。

 ヨハネスブルクの危険地域ヒルブロウには人工芝のピッチで構成される最先端のサッカー施設が建設され、地域の少年たちが気軽にサッカーをできるようになった。サッカーに代表されるスポーツが若年層に定着することで、少年犯罪減少を期待する声も多い。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 542文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

創刊30周年記念甲子園 涙の名勝負神を見た夏。

関連記事

南アフリカW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ