野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

ヤクルト芸術家・ながさわたかひろ。
一場退団で遂に40歳で現役引退か!? 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byHidenobu Murase

posted2012/12/04 10:30

ヤクルト芸術家・ながさわたかひろ。一場退団で遂に40歳で現役引退か!?<Number Web> photograph by Hidenobu Murase

『美術手帖』で連載ページを持つなど、芸術家として評価が高いながさわ。2013年2月に開催される「第1回京都版画トリエンナーレ」への出品も決まっている。

戦力外となった一場と「一蓮托生」のながさわも……。

 そして、10月2日。もうひとつの重大な事件が起こる。その日の朝、ビール券に釣られ泣く泣く契約してしまった敵軍の機関新聞に掲載されていた「一場戦力外」の文字。ながさわが自身と照らし合わせ、ヤクルトを描く契機となった張本人の解雇は想像以上のダメージだった。

 

 この日の絵に、ながさわは通告を受けた8選手の似顔絵を描いた。その中には「来季戦力外通告 ながさわたかひろ・絵描き」「一蓮托生」の文字と共にションボリした自分の姿。

「一場の戦力外は覚悟していましたけどね。実際に目の当たりにすると、ああ……『これが区切りだよ』と言われたようなもの。一場は苦しいところでやってこれた支えでもありましたからね。自分を戦力外として描いたことも『今年で全部終わりにしよう』という覚悟の上。悔しいですけどね。選手にはなれなかった。絵でプロ野球選手にはなれなかったよ……です」

 プロ野球選手・ながさわたかひろ(40)。ついに現役引退を決意か――。

「今は正直、来季のスワローズを描いてみたい」

「……いや、ちょっと待ってください。うん、ちょっとやり過ぎました……戦力外通告なんて描かなきゃよかったかなぁとも思っているんです。今は正直、一場よりも“来季のスワローズを描いてみたい”との思いが強い。この3年、本気で“選手になりたい”と全力で試合を描いてきて……本当に愛してしまった。

 スワローズはいいチームなんです。この2年ケガだらけでしたが、来季、全員揃ったスワローズ……どうしても観たいですよ。作品の制作も、後半戦に集中して作品に没頭したことでルーティンが出来上がった。このまま続ければ、今年以上に自分が求める作品を作れる自信がある。やめられねぇなぁ。でも、いわば戦力外通告を受けたわけでしょ……いや、そもそもハナから選手とすら思われていないそんな状態で、本当にこのまま続けていいのかどうか。だから、この個展を僕のトライアウトに位置づけたんです」

 いまだ迷いの中にある、ながさわにとっての“トライアウト”であり、今シーズンの戦いの総決算、展覧会「プロ野球ぬりえ2012 ~魔球の伝説~」。この出来如何で今後のながさわの行く道が決まるという。

【次ページ】 現役続行を懸けたトライアウト個展は神楽坂で開催中!

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

一場靖弘
東京ヤクルトスワローズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ