野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

ヤクルト芸術家・ながさわたかひろ。
一場退団で遂に40歳で現役引退か!? 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byHidenobu Murase

posted2012/12/04 10:30

ヤクルト芸術家・ながさわたかひろ。一場退団で遂に40歳で現役引退か!?<Number Web> photograph by Hidenobu Murase

『美術手帖』で連載ページを持つなど、芸術家として評価が高いながさわ。2013年2月に開催される「第1回京都版画トリエンナーレ」への出品も決まっている。

現役続行を懸けたトライアウト個展は神楽坂で開催中!

「そうそう。もしかしたらこのオフの間に他球団から『契約したい』という話がきたっておかしくないんですよ! 契約できれば、はじめて選手になれるかもしれないし、生活もできるかもしれない。大歓迎ですよ! でも、叶うならば来季もヤクルトを描きたい……イメージはもう出来ているんです。自信はあるんです。親父が亡くなった時の絵がヒントをくれた。野球の試合だけでなく、野球と向き合う自分の生活も織り込んだ、野球ファンの一生。40歳になったんですよ。来年は厄年に突入していくわけです。厄年のヤクルトのファンは、厄年に負けてしまうのか、打ち勝つのか。そういうね……」

 ちなみに個展のサブタイトル「魔球の伝説」とは、インディ・ジョーンズの2作目「魔宮の伝説」をもじっているらしい。つまり、次に「最後の聖戦」がありますよ、この先続きますよ……という暗喩。ふざけんな! ハナっから来季もやる気じゃないか!

「いやいやいや。反応次第では筆を置かないといけないと思っています。いくら僕にできる自信があっても、誰も見てくれない、心に届かなければ、もう終わり。引退するしかないですよ。だから最後の最後に少しはプロ野球選手の気持ちが味わえているのかなと……」

「ダメなら引退します」と言いながらも、来年もすっごくやりたそうな目でこちらを見てくる魂の芸術家・ながさわたかひろのトライアウト個展「プロ野球ぬりえ~魔球の伝説~」は神楽坂のギャラリー「eitoeiko」(http://eitoeiko.com/)にて、12月15日まで開催している。

 プロ野球ファンの皆様、そしてヤクルトの選手たち。もしも時間が許すのであれば、このながさわの命を削って生まれた作品群を見てほしい。そして、心を込めた応援 or 引導をお願いしたい。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

一場靖弘
東京ヤクルトスワローズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ