日本代表、2014年ブラジルへBACK NUMBER

酷暑のマスカットでオマーンを撃破!
交代策にザックが込めたメッセージ。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2012/11/15 12:10

酷暑のマスカットでオマーンを撃破!交代策にザックが込めたメッセージ。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

左足親指の骨折でフランス、ブラジル戦を自宅で観戦していた岡崎が、完全復活を告げる値千金の決勝ゴール。「自分たちのサッカーを貫いて、最後に決められて本当に良かった」とコメントした。

 あれだけ盛り上がっていたスルタン・カブース・スポーツコンプレックスのスタンドが、一気に静まり返った。

 スコアは1-1、残り時間はわずか――。

 左サイドを縦に突破した途中出場の酒井高徳がクロスを送り、ニアに飛び込んできた遠藤保仁がファーに流したところを詰めていた岡崎慎司が左足で押し込んだ。静寂に陥ったスタジアムに、しばらく消されていた日本サポーターの歓声が耳に飛び込んできた。

 後半32分、オマーンにFKを決められ同点となってからは、オマーンの時間帯になりつつあった。溜まっていた鬱憤を晴らすようなスタンドの後押しが威圧感となって、日本を追い詰めようとしていた。

 だが日本は「耐えた」わけではなかった。その瞬間をあくまで「待った」のだ。

「あの時間帯に同点に追いつかれて、相手のペースだった。それでも最後まで自分たちで攻め続けて、それが最後の最後に実を結んだ。守りに入らず、自分たちのサッカーで最後までゴールを狙っていったのでそれが勝ちにつながったんだと思う」

 決勝点を奪った岡崎は言葉に力をこめた。

 勝ちに行ったからこそ勝利を掴むことができた。そう言っているようだった。

真冬の欧州から来た選手たちに、灼熱の空気がまとわりついた!

 ブラジルW杯最終予選、敵地マスカットで行われたオマーン戦。

 はっきり言って日本の動きは全体的に重かった。

 試合前の温度計を見ると35度。もちろんピッチ上はもっと暑いはずである。日の照り返しも強く、時折吹く風も生温かい。酷寒のモスクワからきた本田圭佑がここまで精彩を欠くとは思わなかったが、欧州はもう冬に突入している。合流間もない欧州組にとってはかなり厳しい状況であることはすぐさま感じ取ることができた。

 前半11分には素早いスローインからグラウンダーのクロスを入れられ、ファーサイドをフリーで駆け上がってきた選手に決定的な場面を作られてしまう。幸運にもシュートを外してくれたことで命拾いしたものの、このシーンばかりでなく守備に回る際の切り替えが遅く、長い距離を走られてしまうシーンが何度か見られた。

【次ページ】 明らかな成長が見えた、1点を奪ってからのボール回し。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アルベルト・ザッケローニ
酒井高徳
遠藤保仁
岡崎慎司
本田圭佑
吉田麻也
今野泰幸
清武弘嗣
長谷部誠
前田遼一
長友佑都
細貝萌
ブラジルW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ