欧州CL通信BACK NUMBER

レアルの敗因はクラシコでの消耗?
PK戦を制し、バイエルンがCL決勝へ。 

text by

工藤拓

工藤拓Taku Kudo

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/04/26 12:15

レアルの敗因はクラシコでの消耗?PK戦を制し、バイエルンがCL決勝へ。<Number Web> photograph by Getty Images

クリスティアーノ・ロナウドはこの日、2得点を挙げるもPKを失敗。モウリーニョ監督は「2時間もプレーした後にPKを決めるのは簡単ではない。世界最高のメッシやロナウドでも外すものだ」とかばった。

試合終盤は連戦の疲労から両チームとも守備的に。

 そこからハーフタイムまでの20分間は完全にバイエルンが主導権を握ったが、マドリーも守護神カシージャスの好守で決定的な2点目は譲らなかった。34分にはマリオ・ゴメスがクロースのスルーパスをゴール前右で受けるも、シュートはGKの正面へ。47分にはロッベンが自ら得たFKを直接狙うが、ゴール左隅を捉えたシュートはカシージャスに阻まれた。

 結局前半は2-1で終了。そしてこの45分間がこの試合の全てだった。後半の45分と延長の30分は両チームとも連戦の疲労から判断力と運動量が落ち、パスミスとファウルが増える中でお互いに失点回避の気持ちが強くなっていく。そうなると次第に攻撃にかける人数は減り、個々の局面では数的優位を保つ守備側がことごとくボールを奪うようになっていった。

PK戦、レアルはC・ロナウド、カカが連続で止められ万事休す。

 この停滞した状態を打開するには何らかのベンチワークが必要だったが、両監督の交代策は共にさしたる効果を得られなかった。両チーム合わせて90分までに唯一投入されたカカはボールを持つたび相手に奪われるひどい出来で、マドリーの攻撃を途切れさせるだけでなく、途中からはブーイングの標的にもなってしまう。同じく途中出場したミュラー、イグアイン、グラネロもベンチに退いたリベリー、ベンゼマ、エジルの不在を感じさせるだけで何のプラスαも与えられず、2-1のまま延長後半が終了。2試合合計スコアは3-3となって、勝負は運試しのPK戦へともつれ込んだ。

 PK戦では先攻のバイエルンがアラバ、マリオ・ゴメスと成功したのに対し、マドリーは1人目のC・ロナウド、2人目のカカのキックがノイアーに止められ万事休す。その後カシージャスがクロース、ラームのキックを連続で止めて盛り返すが、4人目のセルヒオ・ラモスが空高く蹴りあげた時点で命運は尽きた。

 ピッチに両ひざをつき、両手をズボンのポケットに入れて行く末を見つめるモウリーニョ。その目線の先で、バイエルンの5人目シュバインシュタイガーのキックがゴールネットを揺らした。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

バイエルン
レアル・マドリー
ジョゼ・モウリーニョ
ユップ・ハインケス
アンヘル・ディマリア
アリエン・ロッベン
クリスティアーノ・ロナウド
マリオ・ゴメス
イケル・カシージャス
セルヒオ・ラモス
バスティアン・シュバインシュタイガー
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ