野球善哉BACK NUMBER

次の“200本安打”は誰が達成する?
投高打低を覆す今季期待の打者たち。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2012/03/31 08:03

次の“200本安打”は誰が達成する?投高打低を覆す今季期待の打者たち。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

昨季も序盤は不振だったが、交流戦で打棒が爆発した坂口智隆。交流戦の首位打者、最多安打、最多得点を記録するという目覚ましい活躍を見せ、シーズン終盤での17打席連続無安打という極端な不振さえなければ首位打者タイトルの可能性もあったのだが……。

糸井、長谷川の200安打の可能性は?

 もちろんシーズン200安打の期待は、坂口だけでなく日ハム・糸井嘉男やソフトバンク・長谷川勇也らにもかけてはいる。

 糸井は昨シーズンの出塁率がリーグ1位だったし、坂口を凌駕する脚力など、条件もそろっている。打撃成績を見ても安打数が増加しているのが分かる。坂口と違って、打順で求められる役割が違ってくるという難しさもあるが、大いに期待できる選手の一人だと思っている。

 長谷川は'09年に活躍した時の印象が強いのだが、実際、左右に打ち分けるバッティングセンスで打率.312をマークしている。'10年に調子を崩し、昨季も終盤まで活躍は少なかった。しかし、昨季のCSでは1試合4安打を記録するなど、復調気配を見せてシーズンを終えている。

 坂口と糸井、長谷川は'09年シーズン、打率部門で上位を争っていた。結局、首位打者は楽天の鉄平が獲得するのだが、坂口が2位、長谷川が4位、糸井が7位でシーズンを終えている。この時は、いつの日かこの3人が首位打者を奪う、あるいはシーズン200安打を放つのではないかと思ったものである。

 昨シーズンはどの打者も統一球に泣き、投高打低の傾向著しい1年だったと言われている。昨年だけの成績で投打の大勢を心配するのもおかしな話だが、2012年は坂口、糸井、長谷川ら“安打製造機”の逆襲を是非見たいものだ。

関連記事

BACK 1 2 3
坂口智隆
オリックス・バファローズ
糸井嘉男
北海道日本ハムファイターズ
長谷川勇也
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後の記事

ページトップ