野球善哉BACK NUMBER

優勝候補対決、進学校vs強豪校……。
センバツの注目ポイントを徹底解説。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2012/03/19 10:30

優勝候補対決、進学校vs強豪校……。センバツの注目ポイントを徹底解説。<Number Web> photograph by Kyodo News

選抜高校野球抽選会での花巻東・大沢永貴主将(右)と大阪桐蔭の水本弦主将。一回戦での優勝候補対決となった。

現役時代からの因縁を抱える監督がリベンジを果たす!?

 高知(高知)・島田達二監督は過去六度の甲子園出場で一勝しかしていない。現役時代も、センバツでは初戦で敗れている。今回の対戦相手は強豪の横浜とあって、前途は多難だ。だが、島田監督に気後れはない。

「このような舞台で横浜、渡辺監督と対戦できるというのは本当にありがたいこと。僕が現役の時も神奈川県に敗れているんですよ。0-14で日大藤沢に大敗しました。失うものは何もないので、ぶつかってきたい」

 攻撃面にタレントの揃う今年の高知にとって、指揮官も苦い思い出のある神奈川代表と初戦を戦うのは、良いめぐり合わせなのかもしれない。

地区大会優勝校同士の対決となる光星学院vs.北照。

 昨秋の神宮大会優勝校・光星学院(青森)は北照(北海道)と対戦する。地区大会優勝校同士の対決として、注目度も当然高い。

 光星学院・田村龍弘主将が「甲子園はどこも強いチームばかり。北照は神宮大会にも出ていた学校だし、力のあるチーム。気を抜いたら負けると思う。しっかり準備して臨みたい」と言えば、北照・佐藤星七主将は「走攻守、バランスの良いチーム。まともに戦ったら勝ち目はない。自分たちの持ち味で勝負したい」と、お互いまったく油断の無いコメントで、真っ向火花を散らしていた。

 一回戦の組み合わせだけでセンバツのすべてを語れるものでは当然ない。だが、このトーナメントの中で、何回戦の試合で、何に縁を感じ、どうやって勝利の流れをつかんでいくのか……と考えると、初戦は非常に重要になってくるのだ。

 選手宣誓のくじは21世紀枠で初出場の石巻工(宮城)・阿部翔人主将が引き当てた。

「震災から1年が経ちましたが、その中で宣誓をさせていただくのは甲子園で自分たちがメッセージを届けなきゃいけないんだと思いました。何か縁があると思います」

 大会は21日に開幕。この石巻工・阿部主将の選手宣誓から、大会が始まる。

関連記事

BACK 1 2 3 4
渡辺元智
西谷浩一
藤波晋太郎
大谷翔平
佐々木洋
倉野光生
大越基
小坂将商
島田達二
田村龍弘
佐藤星七
阿部翔人
大阪桐蔭高校
北照高校
横浜高校
花巻東高校
東大阪大柏原高校
宮崎西高校
早靹高校
智弁学園高校
光星学院高校
石巻工業高校
愛工大名電高校
高知高校

高校野球の前後の記事

ページトップ