欧州サッカーのサムライたちBACK NUMBER

なぜ槙野智章は帰国を決断したのか?
志半ばでドイツを去る無念と覚悟。 

text by

了戒美子

了戒美子Yoshiko Ryokai

PROFILE

photograph byBongarts/Getty Images

posted2012/01/16 10:30

なぜ槙野智章は帰国を決断したのか?志半ばでドイツを去る無念と覚悟。<Number Web> photograph by Bongarts/Getty Images

「恩師であるペトロビッチ監督の下、ドイツでの経験を活かし、浦和レッズの選手とスタジアムを埋め尽くす浦和サポーターの皆さんと共にチームの勝利に貢献したいと思います」とコメントを発表した槙野智章

2年後のブラジルW杯を見据えての決断に、迷いはない。

 ただ、ドイツで成功したいという志半ばでの帰国ではある。

 当たり前に悔しさも、気恥ずかしさのようなものも感じる。

 当然のことながら、周囲の批判的な声も耳に入ってくる。絶対欧州に残れと助言する仲間もいた。だが、本人の中では長いサッカー人生と、2年後に迫るブラジルワールドカップを見据えた選択であり、そこに迷いはない。

「浦和には広島と違う難しさが必ずあると思う。ペトロビッチも選手層が厚い浦和では無条件に中心にしてくれるわけじゃないと思う。それに、ケルンからのレンタル移籍っていう見られ方もするかもしれない。それに1年で日本に戻るケースも珍しいとは思う。でも、まだまだ夢も目標もあるし、今はとにかく試合に出て、活躍しなくちゃいけないんだと思う」

 槙野は、夢への道半ば。チャレンジは、まだまだ続く。

関連記事

BACK 1 2 3
槙野智章
ケルン
浦和レッズ
ストール・ソルバッケン
フォルカー・フィンケ
ミハイロ・ペトロビッチ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ