MLB東奔西走BACK NUMBER

ライアンに会えばダルビッシュも即決!?
メジャーに見る様々なオーナー模様。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/01/08 08:01

ライアンに会えばダルビッシュも即決!?メジャーに見る様々なオーナー模様。<Number Web> photograph by Getty Images

2011年12月10日、アルバート・プーホルス、C・J・ウィルソン両選手の入団記者会見でスピーチをしたアート・モレノ=エンゼルスオーナー、65歳。2003年、MLBの歴史上はじめて、ヒスパニック系アメリカ人として球団オーナーとなった

生ける伝説、ノーラン・ライアンのCEOとしての手腕。

 そして最近、モレノ氏同様に、就任以来チームに好影響をもたらしているオーナーが存在している。2010年にシーズン途中でチーム買収に成功した、レンジャーズの共同オーナーであるノーラン・ライアンCEO兼球団社長だ。

 彼の采配下になって以来積極的な選手補強を行ない、2年連続ワールドシリーズ進出を決めたのはご承知の通りだ。元々メジャー史上最強の豪腕投手として伝説ともいえる存在だけに、ファンの人気も圧倒的。それに加えてのここまで見せた球団経営の辣腕ぶりに、揺るぎない信頼も得ている。NPBで例えるならば、現役時代に王貞治氏、長嶋茂雄氏クラスの人気を誇った選手が投資グループを引率してチーム買収に成功し、さらに自らが球団経営に乗り出しているようなものだ。もちろん日本ではそんな人物は登場していないが、そのインパクトの大きさは容易に想像できるだろう。

 現在、ダルビッシュ有投手との1カ月間の独占交渉権を得ているレンジャーズ。大方の予想では期限ギリギリまで交渉が続くことになりそうだが、投手の心を十分に理解しているライアンCEO兼球団社長の存在がダルビッシュ獲得の大きなカギになりそうな気がしている。果たして結果は……。

関連記事

BACK 1 2 3
アルバート・プーホルス
アート・モレノ
ロサンゼルス・エンゼルス
フランク・マッコート
ロサンゼルス・ドジャース
ノーラン・ライアン
テキサス・レンジャーズ
C・J・ウィルソン

MLBの前後の記事

ページトップ