ロンドン五輪代表、最大の挑戦BACK NUMBER

'99年の中田英寿と同じ匂いがする!?
遅れてきたU-22の新星・大津祐樹。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2011/11/28 12:25

'99年の中田英寿と同じ匂いがする!?遅れてきたU-22の新星・大津祐樹。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

180センチ、73キロの21歳、大津祐樹。鹿島アントラーズの下部組織で育ったがユースへ進めず。その後、成立学園高校を経て柏レイソルへ。現在は、ブンデスリーガの名門ボルシアMGでプレーする

大津の他にも、また新たなヒーローは誕生するのか?

 このシリア戦で、マレーシア、バーレーン各国との対戦が一巡した。

 守備は今回、ミスから失点したが、マレーシア戦、バーレーン戦と2試合続けて失点ゼロに押さえるなど、全体的な守備の意識も浸透してきている。ミスも次回以降、修復可能なレベルだ。

 逆に攻撃の部分では今回、粗さやゴールへの意識に課題が見られた。

 パスを繋ぐことに酔っているのか、もっとシュートを打てたシーンもあったし、そもそも18本シュートを放って2点では物足りない。決定力不足は簡単に解消できるものではないが、大津のようにシュートの意識を高めることは今のメンバーなら誰でもできるはずだ。

 来年2月5日のアウェイのシリア戦は、さらに少ないチャンスでゴールを求められることになる。今回は、大津が救ってくれたが、次は研究されるはずだ。その時は、また新しいヒーローが誕生するのか。それとも既存の選手が意地を見せるのか――。

 いずれにせよ、来年佳境を迎える最終予選。タレント揃いの攻撃陣の奮起こそが、予選突破の重要なキーになってきそうだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
関塚隆
山口蛍
濱田水輝
東慶悟
扇原貴宏
大津祐樹
権田修一
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ