野ボール横丁BACK NUMBER

圧倒的不利の下馬評を覆す落合采配。
王道vs.覇道の歴史は繰り返すのか? 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2011/11/17 11:55

圧倒的不利の下馬評を覆す落合采配。王道vs.覇道の歴史は繰り返すのか?<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

日本シリーズ前日の監督会議では、秋山監督が「落合さんとやれるのは僕も楽しみ。勝つための野球をやる」とコメント。会議直後には、落合監督が秋山監督の肩を抱き「8年待ったぞ。王さんの時からだからな」と笑顔で話しかけていた

タイに戻しても、まだソフトバンクのペースでは無い!?

 だが、やはり、今年のソフトバンクはそんなにもろくはなかったようだ。3戦、4戦と、今度はソフトバンクが取り返し、勝敗を五分に持ち込んだ。

 特に第4戦は1点差と中日ペースに持ち込まれながらも、相手の粘りに対し、ソフトバンクも粘り返したというような展開だった。

 かといって、もはやソフトバンクのペースかと言えば、そんなこともないだろう。中日にも勝機は十分にあると見る。

 ソフトバンクがたどってきた王道が本物であれば、歴史が証明しているように、最後はソフトバンクが押し切るのではないか。だが、その王道にわずかでも隙があるならば、途端に覇道が強みを発揮するはずだ。

 王道対覇道の結末はいかに――。

関連記事

BACK 1 2 3
福岡ソフトバンクホークス
中日ドラゴンズ
落合博満

プロ野球の前後の記事

ページトップ