野球善哉BACK NUMBER

日本S、中日のカギは吉見の起用法。
ヤクルトの捨て身の戦いにみる教訓。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2011/11/09 12:40

日本S、中日のカギは吉見の起用法。ヤクルトの捨て身の戦いにみる教訓。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

今季、中日のエースとして目覚ましい活躍を見せた吉見一起。内海哲也と並ぶ18勝で最多勝のタイトルを獲得し、他にも最優秀防御率、最高勝率でもトップとなった

日本Sでの吉見は、2回登板なのか、3回登板なのか?

 今季の中日にとって、吉見の存在感は絶大だ。絶大であるが、あまりに頼り過ぎると彼を苦しませる。もし、第1戦に登板できるとなれば、球数の少ない吉見だと、第4戦か第5戦、もつれれば、第7戦の登板だってありうる。だが、完璧なコンディションを選ぶのだとすれば、第2戦と第6戦での起用で整えた方が良いという考えがあっても決して間違いではない。

 CSを体調不良で離脱したネルソンの復帰が噂されている。昨日(11月8日)の練習で登板して、復調をアピールしたそうだ。「十分、投げられる体力はある。日本シリーズで力になりたい」と話しているという報道もあった。

 CSで登板のなかった投手が日本シリーズで活躍するというケースも、度々見てきた。'07年、中日が日本一に輝いた時の山井大介がそうだった(山井はシリーズ第5戦、8回まで完全試合という内容で、優勝に貢献した)。ネルソンの復帰が本当に実現すれば、中日にとって強い味方になるだろう。

 ただ、そうであったにせよ、チームの軸がぶれることがあってはいけない。 

 やはり、吉見の起用法がキーポイントになることは変わらない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
中日ドラゴンズ
吉見一起
東京ヤクルトスワローズ
小川淳司
埼玉西武ライオンズ
渡辺久信
館山昌平
岸孝之
増渕竜義
福岡ソフトバンクホークス
落合博満
村中恭兵

プロ野球の前後の記事

ページトップ