Number on NumberBACK NUMBER

ヤクルトの秘密。
~小川監督が受け継ぐ系譜とは?~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2011/11/10 06:00

ヤクルトの秘密。~小川監督が受け継ぐ系譜とは?~<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

シーズン終盤には主力選手の離脱が相次ぎ、中日に逆転優勝を許したが、正式就任初年度でチームを2位まで引き上げた小川淳司監督

 今年のヤクルトは興味深いチームだった。日本シリーズには行けなかったが、クライマックスシリーズでは中日からも2勝を挙げた。負けた試合も2試合は1点差だったから、よく戦ったと言っていいだろう。

 レギュラーシーズンの総得点が484点、総失点が504点。得失点差はマイナス18点だが、それでもチームは70勝59敗15分、貯金11だった。得失点差がマイナスでAクラスに入ったチームは、最近10年間で9チーム目。得失点差マイナスで2位というのは3チーム目になる。

 失点の方が多くても勝ち越しているのは、勝つ時は接戦が多く、負ける時は大差で負けることが多いことを意味している。これはだいたいにおいて、戦力はそれほどそろっていないチームが、うまくマネージメントされた結果である。つまり、小川淳司監督がいい仕事をしなければ、こういう結果にはならなかっただろう、ということだ。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

東京ヤクルトスワローズ
小川淳司
野村克也
若松勉

プロ野球の前後のコラム

ページトップ