詳説日本野球研究BACK NUMBER

“ビッグ3”藤岡・菅野・野村はどこへ?
ドラフト完全解説 【大学・社会人編】  

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/10/07 10:30

“ビッグ3”藤岡・菅野・野村はどこへ?ドラフト完全解説 【大学・社会人編】 <Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

東海大の菅野は10月1日、帝京大を4安打完封し、通算14完封のリーグ新記録を樹立。最速157キロの直球に加え、新たに会得したシュートなど変化球も冴えた。今年に入り更新したリーグ記録は、最多連続イニング無失点53回、シーズン5完封に続き3つ目に

► 【高校生編】 投打のNo.1は甲子園の経験無し!  はこちら

 いよいよ運命のドラフト会議が10月27日に行なわれる。

 昨年は斎藤佑樹(投手・早大→日本ハム)、福井優也(投手・早大→広島)、澤村拓一(投手・中大→巨人)、伊志嶺翔大(外野手・東海大→ロッテ)、塩見貴洋(投手・八戸大→楽天)、榎田大樹(投手・東京ガス→阪神)がそれぞれ1位指名され、現在はチームのローテーション、あるいはリリーフ投手として“勝利の方程式”の役割を担い、伊志嶺は100安打以上放ち、パ・リーグ新人王の最短距離に立っている。

 1位指名選手だけではない、2位以下では牧田和久(投手・日本通運→西武2位)、七條祐樹(投手・伯和ビクトリーズ→ヤクルト2位)、秋山翔吾(外野手・八戸大→西武3位)、久古健太郎(投手・日本製紙石巻→ヤクルト5位)、大原慎司(投手・TDK→横浜5位)などがチームの戦力としてなくてはならない存在になっており、2010年ドラフト組の層の厚さを遺憾なく見せつけた。

 今年はどうだろう。

 今回は即戦力と言われる大学生ドラフト候補の顔ぶれを紹介しながら、彼らの実力を分析していくことにしよう。

ロッテが1位指名を明言する藤岡は即戦力ナンバーワン。

 ドラフト1位候補の顔ぶれを紹介しよう。

    藤岡貴裕 (投手・東洋大・左左・183/85)
    菅野智之 (投手・東海大・右右・185/86)
    野村祐輔 (投手・明大・右右・177/72)
    伊藤隼太 (外野手・慶大・右左・178/84)
    中後悠平 (投手・近大・左左・182/73)

 藤岡の名前を真っ先に挙げたのは、即戦力度ではナンバーワンだと思うからだ。150キロ以上で計測されるストレートを持ち、スライダー、カーブ、フォークボール、カットボール、チェンジアップ(シンカー)はいずれも一級のキレ味を誇る。それでいながら今秋9月4日の駒大戦ではストレート、スライダー、カーブ主体のピッチングで4安打完封してしまった。

 スライダー、カーブ以外の変化球を極力抑えたのは、基本になる変化球の威力を再確認したかったからだろう。フォークボール、カットボール、チェンジアップを極力抑えてどのくらい凌げるのか、プロを意識したピッチングとして大いに評価できる。

 この藤岡を1位入札すると表明しているのは今はロッテ1球団だけだが、中日、楽天の動きが無視できない。いずれもチェン、岩隈のMLB移籍が現実的で、即戦力ナンバーワンの藤岡は喉から手が出るほどほしいはず。

【次ページ】 原監督の甥、菅野に巨人以外の球団も名乗りを上げる?

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

藤岡貴裕
菅野智之
野村祐輔
伊藤隼太
中後悠平
三上朋也
高木京介
鈴木大地
辻孟彦
伊藤和雄
東明大貴
小林誠司
佐藤達也
小石博孝
十亀剣
安達了一
大城基志
祖父江大輔

プロ野球の前後のコラム

ページトップ