NumberEYESBACK NUMBER

久万・阪神元オーナーが
生前語った“情”と“夢”。
~「一緒に死んでやれ」の原体験~ 

text by

渡辺勘郎

渡辺勘郎Kanrou Watanabe

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/10/06 06:00

久万・阪神元オーナーが生前語った“情”と“夢”。~「一緒に死んでやれ」の原体験~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

2003年10月、監督交代会見に、星野前監督、岡田新監督と臨む

 阪神タイガースの名物オーナーとして知られた久万俊二郎氏が、90歳で亡くなった。久万氏が6代目オーナーに就任したのは1984年オフのこと。以後、2004年に大学生への裏金問題で辞任するまでの20年間、球団トップとして君臨した。

 就任当初は、球界に多い、親会社役員の“腰掛けオーナー”だったことは否めない。'85年に日本一に輝いたものの、やがてチームは最下位が定位置のような低空飛行を続ける。甲子園球場の観客動員数は、'90年代後半、危機的レベルにまで落ち込んだ。オーナーの尻に火がついた。

「慌てましたよ。タイガースという球団の人気に胡坐をかいていたと思われても、仕方ない」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1081文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<永久保存版> F1鈴鹿伝説。~名勝負はセナとともに始まった~
阪神タイガース
久万俊二郎

プロ野球の前後の記事

ページトップ