詳説日本野球研究BACK NUMBER

“ビッグ3”藤岡・菅野・野村はどこへ?
ドラフト完全解説 【大学・社会人編】  

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/10/07 10:30

“ビッグ3”藤岡・菅野・野村はどこへ?ドラフト完全解説 【大学・社会人編】 <Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

東海大の菅野は10月1日、帝京大を4安打完封し、通算14完封のリーグ新記録を樹立。最速157キロの直球に加え、新たに会得したシュートなど変化球も冴えた。今年に入り更新したリーグ記録は、最多連続イニング無失点53回、シーズン5完封に続き3つ目に

変則左腕の“未完の大器”中後はオリックスが食指を。

 中後は即戦力と言うより、2、3年後の素質開花が見込める未完の大器と言ったほうがいい。左腕サイドスローからMAX151キロを記録する速球派で、左打者は背中のほうから唸りをあげてストレートが飛び込んでくるような錯覚を覚えるのではないか。変化球は横変化のスライダー、カーブ、シンカーがあるがいずれもキレに乏しく、コントロールは直・曲球ともかなり甘い。つまり、もの凄いところはもの凄く、もの凄くないところは全然大したことがない、という投手が中後である。

 この未完の大器に食指を動かしそうなのがオリックスだ。

 '09年ドラフトでは菊池雄星の入札1位を匂わせながら、直前で日本文理大の左腕・古川秀一に切り替えた前歴がある。その古川は現在、中継ぎ投手として活躍している。

 変則左腕は左打者全盛の今、どの球団でもほしい。ましてオリックスは終盤の平野佳寿、岸田護が強力なので、その前を任せられる中継ぎ陣の充実は是非とも実現させたい。スポーツ紙に掲載されるオリックススカウトのコメントもその気になって読むと他球団より熱心に思える。

次代を担う逸材はいるか? 13人の上位候補選手たち。

 以上に挙げた5人以外では、次に紹介する13人が大学・社会人の上位候補である。彼らも、負けず劣らず個性派揃いで良い選手なので、プロ入り後の活躍が楽しみなのは言うまでも無い。是非、覚えておいて欲しいところである。

三上朋也(投手・法大・右右・190/82)
長身を生かした角度あるストレートとチェンジアップ、シュートに持ち味がある。秋の慶大3回戦で勝ち点を挙げる完投勝利。

高木京介(投手・国学院大・左左・181/82)
今秋、東都2部の専大戦では、中1日で連続完封勝利を達成。スライダー、シンカーなど多彩な変化球の中に147キロストレートがくる。

鈴木大地(遊撃手・東洋大・右左・176/74)
三塁手としてはフィールディング、スローイングともプロレベル。勝負強さと広角に打ち分けるバッティングがよく、俊足でも目を引く存在。

辻孟彦(投手・日体大・右右・182/86)
球は驚くほど速くないが、落差の大きいフォークボール、真縦に落ちるチェンジアップ、横変化のスライダーなど変化球の精度が高い。

伊藤和雄(投手・東京国際大・右右・184/82)
腕を振ってからワンテンポ遅れて出てくるストレートが面白い。縦割れのスローカーブ、フォークボールなど縦の変化で打者を翻弄する。

東明大貴(投手・桐蔭横浜大・右右・177/76)
躍動する右サイドスロー。サイドでも上から叩きつけるような腕の振りで見応え十分。変化球は横変化のスライダー、チェンジアップがある。

小林誠司(捕手・同大・右右・178/72)
広陵時代、野村(明大)とバッテリーを組んで選手権準優勝。今夏の全日本選考合宿では二塁送球1.89、1.97秒を記録する。

佐藤達也(投手・Honda・右右・178/73)
昨年の都市対抗でガン表示の低い東京ドームでMAX149キロを記録。横変化のスライダーのキレ味もよく、短いイニングで力を発揮。

小石博孝(投手・NTT東日本・左左・177/85)
素早いテークバックでヒジを高い位置に固定し、ここからスリークォーターで投げ込む変則タイプ。緩急、コーナーの出し入れに持ち味。

十亀剣(投手・JR東日本・右右・183/82)
未完の大器が良い意味でカドが取れ、見事な本格派に成長。サイドハンドから150キロ近いストレートとスライダー、シンカーなどを駆使。

安達了一(遊撃手・東芝・右右・178/75)
センター返しを身上とするシャープなバッティングで1番を任される。守備では三遊間の打球をさばく逆シングルに手慣れた職人の味が。

大城基志(投手・JX-ENEOS・左左・172/63)
石川雅規(ヤクルト)と言ってもいい小柄な技巧派左腕。ストレートは140キロ台前半だが、チェンジアップとカーブのキレは一級品。

祖父江大輔(投手・トヨタ自動車・右左・174/71)
チームの守護神を任されている。150キロを超えるストレートとブレーキ、落差とも十分なフォークボールを駆使して打者を圧倒する。

► 【高校生編】 投打のNo.1は甲子園の経験無し!  はこちら

関連記事

BACK 1 2 3 4
藤岡貴裕
菅野智之
野村祐輔
伊藤隼太
中後悠平
三上朋也
高木京介
鈴木大地
辻孟彦
伊藤和雄
東明大貴
小林誠司
佐藤達也
小石博孝
十亀剣
安達了一
大城基志
祖父江大輔

プロ野球の前後の記事

ページトップ