野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

東京・国分寺「もつ鍋 わたり」による、
プロ野球前半戦総括<2011年編>。 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2011/07/22 13:00

東京・国分寺「もつ鍋 わたり」による、プロ野球前半戦総括<2011年編>。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

昨季はプロ野球史上初となる3年連続90敗にして3年連続最下位を記録した横浜。今季これまで(7月22日)の成績は25勝44敗6分でブッチギリの最下位だが、フロントはトレードなどの補強も行わないと断言。フロントとの会談後に「頑張ってくれということだった」とコメントした尾花高夫監督

ヤクルトは「選手も『監督のために』必死になってる」。

――セ・リーグでは唯一貯金を持つヤクルトが独走しています。

「あそこは選手がノビノビやれる環境があるからな。だからバレンティンみたいな外国人も出てくるんだろうな。それに、小川さんは若いヤツにも分け隔てなく声を掛けるんだってよ。打ちまくってる畠山にも『お前が打てなくても使っている俺が悪いんだ』って言ってるみてぇだしよ、選手も『監督のために』って、必死になってるよ。

 内野にはベテランの宮本さん、外野には青木、投手陣には捕手の亮二(相川)と要になる選手がいるのもでけぇな。

 亮二は気のいいヤツだけど、表にこそ出さねぇがすげぇ気持ちが強えんだよ。俺とバッテリーを組んだ時も、ストレートばっかり要求してくるからよ、『オマエ、俺のストレートなんてヘロヘロなんだから別の球を投げさせろよ』と文句言ったら、『わたりはまっすぐが一番いいんだ』って絶対に譲らねぇ。それであいつと組んだ試合じゃ1点も取られてない。頑固なんだよな。谷繁さんを尊敬しているから同じようにメチャメチャ研究するし、投手に対しても厳しい。

 さらに石川、館山って実力者に加え、絶対的な抑えも健在。こりゃ若手投手も伸びるだろうし、強いわけだよ」

中日の強さの秘密は、地獄の二軍トレーニング?

――その谷繁さんがケガで離脱してしまった中日は、前半戦借金2の2位で折り返しました。

「中日は1点をどう防ぐかって野球をやってきたから、谷繁さんが抜けるとキツイよな。今は取りこぼしもあるけど、要が戻ってくれば自然と上がって行くだろ。

 和田さんも開幕から調子が悪かったけど、ありゃ去年オフにゴルフのスイングを変えたからその分バットの出が悪くなったんじゃねぇか? オフの間ゴルフを真剣にやる人ってしばらく右にしか打てなくなるらしいしな。やっぱり森野と和田さんが本調子じゃないとキツイだろ。

 まぁ、それでも2位にいるんだから落合さんの采配にはやっぱり何かあるんだろうな」

――終盤にはやっぱり上がってきそうですね。この底力は何なんでしょう?

「選手の危機感じゃねぇの。特に中日は一軍と二軍の格差が大きくて、宿も高級ホテルと民宿の差だっていうからな。レギュラーがケガで下に落ちても調整じゃなくて若手と同じメニューをやらなきゃならねぇらしいし、キャプテンサンタのトレーナーでお馴染みのブーヘー(小田)の『二軍の練習はキツイよ~、マジで落ちたくないよ~』って泣きごとを何度も聞いてるよ。あいつ万年若手だから」

【次ページ】 阪神の小林宏は「完全に人気球団に飲まれたな」。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

中野渡進
村田修一
金城龍彦
相川亮二
谷繁元信
和田一浩
藤井彰人
小林宏
ダルビッシュ有
斎藤佑樹
横浜ベイスターズ
東京ヤクルトスワローズ
中日ドラゴンズ
阪神タイガース
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ